和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

犬 キウイ

食べ物関連

犬はキウイを食べても大丈夫?注意することってあるの?

12月から4月頃が最も旬と言われるキウイフルーツ。

酸っぱいながらも甘さもあり、非常にジューシーな果物ですよね。

ところで犬はキウイを食べても問題あるかご存知ですか?

一見酸味や刺激が強いイメージからダメかも?と思われる人も少なくないはず。

今回は犬とキウイの相性について調べてみました。

 



スポンサーリンク




 

犬はキウイを食べても大丈夫?注意することってあるの?

犬 キウイ

犬はキウイを食べても問題ない

結論からお伝えすると、犬はキウイを食べても基本的に健康上の問題はありません。

キウイは他の果物同様水分が大半を占めており成分上も特に中毒になるようなものは含まれていないため、犬に絶対に与えてはいけないという食べ物ではないようです。

食べた量や犬の体のサイズによって異なる為一概には言えないのですが、少しくらいキウイを食べたとしても、慌ててすぐに病院で診てもらわなければならない食材ではないでしょう。

 

しかしそもそも必要ない?

柴犬 和來

キウイといえばビタミンが豊富で世界的にも良く食べられる果物ですが、そもそも犬はほとんどのビタミンを体内で合成することができます。

それゆえ、人と違い健康的な犬であれば総合栄養食(ドッグフードなど)を食べていれば十分で、ビタミンを進んで食べ物で摂取する必要はないと言われていますね。(例外もあります)

さらにいえば犬は繊維質の消化が苦手な動物ですので、進んで与えられるものかと言われれば、そうではないかもしれません。

 

キウイの栄養価

栄養の面のみを考慮した場合、キウイ含め、あえて他の食べ物で取る必要性はあまりないと言われていたりしますが、おやつ程度であげる場合などもあると思いますし、犬がキウイを食べる事で得られるメリット面についても触れておきます。

キウイはニュージーランド原産の果物で、最近は国産のキウイも多くなりましたので、比較的年中食べる事ができますね。

キウイはビタミンCを始めとしたビタミン類や、カリウムなどミネラル類を豊富に含んでいます。

犬がキウイを食べる事で得られるメリットをいくつかご紹介します。

 

ビタミンC

キウイには抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれています。

犬はビタミンを自らの体内で生成できる為食べ物からとる必要が無い、と言われてきましたが、体内で生成できる量も限りがありますし、必ずしも無意味という訳ではないです。

ちなみに、グリーンキウイよりゴールデンキウイの方がビタミンCの量は多くなっています。

 

《ビタミンが多い他の食材》

犬はレモンを食べても大丈夫?匂いでしつけができるって本当?

 

食物繊維

キウイには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は便秘解消の効果に期待ができる為、便秘気味の犬に少し食べさせると良い事もあるかもしれません。

ただし、与えすぎると逆に消化不良や下痢の原因となります。

 

《食物繊維が多い他の食材》

犬はバナナを食べても大丈夫?与える際の注意点

 

カリウム

キウイにはカリウムというミネラルが含まれています。

カリウムは、体内にある余計な塩分を排出し、腎臓の働きをサポートしてくれて、犬の健康にとっても必要な栄養素の一つです。

 

《カリウムが多い他の食材》

犬はパセリを食べても大丈夫?効能やあげ方を調べてみました!
 

ルテイン

キウイにはルテインという目の健康を保つ上で必要とされる成分が含まれています。

老眼や白内障などを予防する成分としてサプリなどにも使われていたりしますね。ちなみにこのルテイン、キウイの中でもグリーンキウイに多く含まれています。

 

《ルテインを多く含む他の食材》

犬はほうれん草を食べても大丈夫?生と茹でどちらが良い?

 

キウイを与える際の注意点

続いて、キウイを与える際の注意点や、与えても良い量についてもご紹介します。

 

与える量

キウイは水分や繊維質が多く含まれているため、与え過ぎに注意しましょう。

目安として下記の表を参考にしてみてください。

※参考:https://allabout.co.jp/gm/gc/470549/

目安として、多くても中型犬や小型犬であれば薄くスライスしたもの1枚程度。

当然個体によって、向き不向きがあるのでその子に合わせた量が好ましいです。

またキウイは糖分も犬にとっては多い果物なので、肥満気味の犬には控えたほうが良いかもしれません。与えるとしても上記の表に書いてある量よりも少なめにしてあげましょう。

 

加工されたキウイ製品

また最近は、キウイを始め様々なドライフルーツを見かけます。

ドライフルーツは”砂糖”を加えたものも多いので、犬にとっては望ましくありません。

絶対に与えてはいけないものというわけでもありませんが、肥満の原因となるため、できるだけ控えて下さい。

 

アレルギーに注意

キウイ自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

あくまでご褒美程度に

エコビス わく

適切な量で、健康的な犬であればキウイを食べても問題はありません。

しかし”進んで摂取するものではない”という意見も多いというのを忘れてはいけません。

そもそも犬は総合栄養食を始めとしたドッグフードを食べていれば栄養面はまかなう事ができます。また、かえって体調不良や肥満の原因になってしまうかもしれませんし、果物は犬にとってご褒美やお楽しみ程度と考えておいたほうが良いかもしれません。

 

まとめ

■犬にキウイを与えても問題なし

■与え過ぎは注意

■アレルギーを引き起こしやすい食材と言われている

 

 

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-, ,