和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

アーモンド 犬

食べ物関連

犬はアーモンドを食べても大丈夫?ミルクやオイルは大丈夫??

2017/09/26

にほんブログ村 犬ブログへ
 

アーモンドといえば年中食べられるナッツの仲間。

近年我々人間においては高い栄養素から「スーパーフード」として人気のあるダイエットフードですが、犬は食べられることができるかご存知ですか?

また、食べた場合毒性による心配はあるのか。

犬とアーモンドの相性について調べてみました。

 



スポンサーリンク




 

犬はアーモンドを食べても大丈夫?ミルクやオイルは大丈夫??

アーモンド 犬

犬はアーモンドを食べても大丈夫?

結論からお伝えすると、犬はアーモンドを食べても基本的に健康上の問題はないようです。

量にもよりますが、基本的に犬にとって有毒な成分は含まれてはいないようなので食べても中毒を起こすような心配はないとされていますね。

ただし、飼い主様によってはナッツ類は積極的に食べさせることはしない方がいいとも言われています。

次の項目で、その理由を解説していきます。

 

食べることによってどんな影響がある?

丸呑みが危険

犬は元々丸呑みで食べてしまう事が多いです。

丸呑みしてしまうと、場合によっては腸に詰まり腸閉塞を招いてしまう可能性があります。

そうなってしまうと成分上は問題が無くても一大事になりかねません。

特に身体の小さな小型犬や、子犬・老犬も注意したほうが良いでしょう。

また、アーモンドを含めたナッツ類は、消化不良を起こしやすく下痢や嘔吐を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

塩分やカロリーに注意

元々アーモンドはダイエット食品として人気があるのですが、それは我々人間にとっては。といえます。

アーモンドの脂質は動物性油に比べ太りにくいとされていますが、犬からすれば比較的カロリーが高い方です。

さらに塩分も気をつけなければなりません。

人間用に味付けされているアーモンドは余分な塩が多く含まれているため注意が必要です。

 

アーモンドに含まれる栄養素

アーモンド 犬

続いてアーモンドの栄養効果についてご紹介していきます。

アーモンドの主な成分は「ビタミンE」「オレイン酸」「ミネラル」「食物繊維」などが多く含まれています。

犬がアーモンドを食べるとどのような栄養効果に期待ができるのでしょうか。

 

ビタミンE

アーモンドを代表する栄養素の一つです。

ビタミンEには抗酸化効果があると言われ、老化による病気の予防や治療などに役立つとされています。

また、血行促進効果があるため、貧血予防や免疫力アップも期待できます。

 

ミネラル

アーモンドにはカルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛といった”ミネラル”が豊富に含まれています。

その中でも”リン”は犬にとって欠かせないミネラルで、歯を始めとする骨の強度の向上やエネルギーの代謝に役立ちます。

 

ただし、リンの過剰摂取は逆効果で、リンばかり取り過ぎると尿結石の原因となる”ストルバイト結石”を構成する素となると言われています。

勿論個体差があり、できやすい子できにくい子様々であげたからといって必ずしもできるというわけではありませんが、あくまで過剰摂取は気をつけた方が無難でしょう。

 

オレイン酸

アーモンドには不飽和脂肪酸であるオレイン酸が多く含まれています。

オレイン酸は、血液をサラサラにしてくれる効果の他、便秘予防や解消につながるとされています。

 

与える際の注意点

犬 植物

ここからは与える際の注意点をいくつかご紹介していきます。

※必ずしも与えないとならない食材というわけではないので、まだ与えた事がない犬に対しては上記であげたリスクを考えると与えないほうが無難かもしれません。

 

まず注意しておきたいのが「丸呑み」です。

上記で触れたように、犬は丸呑みする子が多いのでそのまま与えるようなことはせず、極力細かく砕いて与えてあげましょう。

消化不良も怖いので、できれば粉々にしたほうが安心です。

 

次に注意しておきたいのが「塩分」です。

人間用のアーモンドは塩などで味付けされたものが多いので、与えるなら無塩無添加のものにしてあげましょう。

 

アレルギーに注意

アーモンド自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

他の与え方

アーモンドプードル(パウダー)

アーモンドプードルとは、アーモンドを粉末状にしたものです。

パウダー状になっているため、丸呑みによる詰まりを心配する必要がなく、手作りご飯やおやつなどにトッピングとして代用することができます。

ただし量には気をつけましょう。

 

アーモンドミルク

アーモンドをすりつぶした植物性のミルクのことで、最近はスーパーなどでもよく見かけます。

牛乳や豆乳などに比べ、低カロリー・低コレステロールでありながらアーモンドの栄養が豊富に含まれています。

味付けしていないプレーンのものであれば犬が飲んでも大丈夫のようです。

 

アーモンドオイル

アーモンドバターとも言われるアーモンドオイルですが、こちらも犬が舐めても問題がないようです。

オレイン酸が豊富に含まれているため、ダイエットしたい犬に取り入れるのも良さそうです。

 

あくまで主食をメインに

笑っている犬

いかがでしたでしょうか。

アーモンドは決して犬にとって必要な食材ではないかもしれませんが、栄養上のメリットなども何点かありました。

上手に取り入れることができれば、ワンちゃんの健康向上などにも一役買いそうではあります。

しかし沢山食べる事へのデメリットは多いようですし、やはりカロリー面や消化に悪いことも踏まえるとそんなにお勧めはできないのかな?といった印象です。

 

まとめ

・少量であれば犬が食べても特に問題なし

・与える場合は細かくする

・消化には良くない

 



スポンサーリンク




 

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-,