和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

情報・ランキング関連

犬を飼う際にかかる初期費用

犬を飼うにあたり、犬を迎い入れる際にかかる費用は気になるポイントだと思います。実際、どれくらいかかるか、初めは想像できませんよね。今回は、犬を迎い入れる際にかかる費用などについてお話しします。

 

スポンサーリンク



犬を飼う際にかかる初期費用

項目 おおよその費用
畜犬登録 3,000円
混合ワクチン 8,000円
狂犬病予防 3,000円
犬用品 30,000円
合計 44,000円

まず犬を飼うと、生後90日以上の犬の飼い主すべてに義務づけられています「畜犬登録」をしなければなりません。登録する自治体によって値段が異なりますが、おおよそ3,000円ほどになります。
また、狂犬病予防接種が3,000円、混合ワクチンが8,000円となりますが、こちらも登録する自治体や何種のワクチンを打つかによっても値段は異なります。犬用品は、サークル・ベッド・ペットシーツ・トイレトレイ・首輪・リード・フード・おもちゃ・食器などで、こちらは商品によって値段は大きく異なりますので参考程度に。
全て合計すると、おおよそ44,000円ほど必要になります。(必ずしも絶対的な価格ではありません。あくまで参考価格になります)

 

 

余裕を持って

犬を飼うって意外にお金がかかりますよね。上記は子犬の費用は入っていません(譲り受ける場合などはかかりません)ので、子犬の費用+10万円くらいの予定より少し多めの余裕をもっておくと良いと思います。また、狂犬病の予防注射や混合ワクチン、ノミダニフィラリアの予防などは毎年かかりますし、ドッグフード代やペットシーツなどは毎月かかります。去勢・避妊手術をするとなると、別途で数万円かかりますし(生後半年ぐらい)、トリミングが必要な犬であれば、月に数千円別途でかかってきます。飼う前も、飼ってからもお金にある程度の余裕をもっておく必要がありますね。

 

【関連記事】

犬&猫の1年間に掛かる費用・年間支出について

犬を飼う前に準備しておきたい物・ペット用品

犬のノミ ダニ フィラリア予防薬は何月からいつまで?

初めて犬を飼う際に知っておきたい事&迎える時にすべき事

 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-情報・ランキング関連