和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

多肉植物関連

エケベリアの高級品種!「ルノーディーン」の特徴や成長記録

2019/10/24

記録に残っているものだけでも、原種とハイブリッド併せておよそ1,000種類以上あるエケベリア。

種類によって様々な色形をしており、それぞれに個性があります。

その1,000種類以上あるエケベリアの中でも、特に輝きを放ち非常に人気の高く稀少な品種「ルノーディーン」の特徴などについてまとめてみました。

後半では、我が家のルノーディーンの成長記録なども併せてどうぞ。

 

 

スポンサーリンク



ルノーディーンとは

学名 Echeveria 'Lenore Dean'
属名 エケベリア属
原産国 アメリカ(カリフォルニア州)
生育タイプ 春秋型
特徴 白と緑の斑・薄い葉など

まず始めに、エケベリア ルノーディーンとはどのような多肉植物なのでしょうか。

見た目は、白と緑の斑がバランスよく綺麗に入り、うっすらと繊細な葉が特徴的なエケベリア属の一つで、別名「コンプトン カルーセル」とも呼ばれています。
薄いピンク色になります。

 

ルノーディーンのルーツですが、アメリカのカリフォルニア州で発見された品種なのだそうで、つまり交配種ではなく原種という事になります。

 

 

ルノーディーンの形状や育て方

ルノーディーンを上部分から撮ったものになりますが、見てもらえば分かるかと思いますが、綺麗なロゼット状の形状をしています。

 

インブリカータの覆輪品種「インブリカータ錦」と見た目が似ており、しばしば同じ種類なのではないか説がありますが、インブリカータ錦はもう少し葉が大きくて硬いです。

また、同様に同じエケベリアの「七福神」と斑以外の形状などが似ているため、「七福神」の斑入りが「ルノーディーン」なのではないのか?と良く言われていたりしますが、実際のところどうなのでしょうかね。(詳しい方教えてください。)

 

ルノーディーン

横から撮った写真になります。

裏側も綺麗に斑が入っており非常に美しい品種です。今撮影しているのが9月という事もあり、葉先がピンク色に紅葉しています。

これはこれで、綺麗ですね。

 

ルノーディーンは人気が有るにも関わらずエケベリアの中ではあまり普及しておらず、しばしば高値がつけられています。

それは何故なのか。

圧倒的に管理が難しく、あまり普及していないからと考えられます。

そもそも、日本で生産しているところが少ないのも理由の一つかと思われますが、ルノーディーンはとても繊細で管理が難しいと言われています。

ルノーディーンは強い直射日光が苦手で、さらには暑さや蒸れに弱いと言われています。適温は15℃~25℃ほどで、悪い環境が続くと数日で枯れてしまうほど繊細な品種なのです。

ちなみに、我が家のルノーディーンは2代目になりますが、1代目はなんと1週間で枯れてしまいました。涙

 

そんなに繊維な苗なのに何故こんなに人気が有るのか。

ずばり圧倒的な美しさ!ゆえだと私は思います。(個人的な感想です)

斑入りの品種は数多くありますが、やはりこのルノーディーン、一際美しさが際立つフォルムをしています。

 

ルノーディーンの増やし方

ルノーディーンの増やし方として、最も成功しやすく安全なのが胴切りだと仰られている方が多い気がします。

ルノーディーンの葉は薄いので、葉挿しは難しく、中々成功率も低いと言います。

しかし、ツイッターなど見ていると成功されている方も少数ですがいらっしゃいます。

もし良かったら参考にしてみると良いかもしれませんね。

 

何処で安く買える?

ガーデンメッセ八王子

ルノーディーンは何処で買えるのでしょうか。

多くの園芸店などでは、まずあまりお目にかかれないと思います。

実際に私も、多くのお店を見て回っていますが、数えるくらいしか見たことがありません。

お店にある場合はそこで販売してもらうのが一つかと思われますが、その場合はそこそこ値が張ると覚悟しておいたほうが良いかと思います。笑

苗のサイズなどにもよりますが、私が見たものでは、大体5,000~10,000円くらいで販売されているようなイメージです。

 

また、フリマアプリやネットオークションなどでも取引されており、こちらだと大体3,000~8,000円ほどとお店のものよりは比較的お安く取引されています。

ただし、ネットで購入する場合、輸入苗がほとんどですので、カット苗(茎を切って根がない状態)が多い印象ですのでご理解した上で購入を考えたほうが良さそうです。

さらに、配送中に痛んでダメになるリスクもありますし、当然お相手の顔も分かりませんので、どんな方が売っているか分かりません。

中には悪質な業者さんなどもいると思うので、ネットで購入する場合は信用できそうな方から購入した方が安心だと思います。

 

 

我が家のルノーディーンの成長記録

【我が家の環境】

■気候
気温20度前後の室内で管理。

■置き場所
室内で管理。窓際の水草育成用LEDを1日15時間ほど照射。

■用土
平和さんの「サボテンの培養土」を使用。

■施肥
特になし。

■虫害予防
植替え時に、オルトランDXを混ぜて使用。

■水遣り
成長期には、5~6日に1度たっぷりと水遣り。

夏や冬は、1ヶ月に1or2回ほどたっぷりと水遣り。

 

2019/10/1撮影

ルノーディーン

さてここからは、我が家のルノーディーンの成長記録を書いていこうかと思います。

購入時期は2019年9月、まだ小さい苗ですがうっすらと紅葉しているのが綺麗ですね。

サイズはまだ小ぶりですが、これからの成長に期待です。

 

※当ページは随時更新予定です。

 

スポンサーリンク



〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さん&主の励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-多肉植物関連
-, ,