和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

健康管理・季節のトラブル

夜間対応の救急動物病院一覧|新潟県・24時間

2019/06/11

愛犬が病気や怪我をした場合、普段の行きつけの病院が空いている時間であれば、その病院へ連れて行くと思いますが、病気や怪我などは、時に突然やってくるもの。さらに、状態によっては一刻を争う場合もあるかと思います。

万が一愛犬に何かあった場合、病院を一から探す時間は避けたいとの思いから、またいち飼い主として万が一の場合の備忘録もかねて当ページを作成致しました。

夜間や深夜帯など、普段は閉まっている時間帯などに救急で対応、診療してる新潟県の動物病院をまとめてみましたので是非ご参考にしてください。

印が特に夜間に特化(強い)傾向にある救急病院になります。

 

スポンサーリンク



ページ内目次(タップで該当箇所へ)

 

新潟市

動物夜間急患センター新潟

アクセス 新潟駅南口より徒歩約7分
住所 新潟市中央区笹口2-13-4
国際ペットワールド専門学校 1F
診療時間 21:00~25:00(受付終了 24:30)
電話番号 070-3258-1122
対応動物 犬・猫・その他
HP https://anecniigata.com/
備考欄 当番制
年中無休
ペット保険一部対応
事前連絡必須
原則クレジット精算
飼い主の身分証必須
時間外診察料金(別途)

※新潟市内を中心とした38院の動物病院が協力して運営する、年中無休の新潟市内初の夜間診療専門の動物病院です。

 

永松動物病院

アクセス 越後線「寺尾駅」最寄
住所 新潟県新潟市西区坂井砂山2-3-10
診療時間 可能な限り対応(一般診療18時30まで)
電話番号 025-260-3513
対応動物 犬・猫・小鳥
うさぎ・ハムスター
HP https://www.nagamatsu-ah.com/
備考欄 日・土午後休診
ペット保険一部対応
事前連絡必須

 

たけペットクリニック

アクセス 越後線「小針駅」最寄
住所 新潟県新潟市西区小針2-39-3
診療時間 可能な限り対応(一般診療19まで)
電話番号 025-378-0311
対応動物 犬・猫
HP http://www.takepetclinic.com/
備考欄 日祝・土午後休診
ペット保険一部対応
事前連絡必須

 

宮下動物病院

アクセス 越後線「新潟大学前駅」最寄
住所 新潟県新潟市西区新通2757-8
診療時間 可能な限り対応(一般診療19まで)
電話番号 025-201-9345
対応動物 犬・猫
HP http://miyashitaah.web.fc2.com/
備考欄 日祝・土午後休診
事前連絡必須
時間外診察料金(別途)

 

荻川動物病院

アクセス 信越本線「荻川駅」最寄
住所 新潟県新潟市秋葉区
あおば通1-7-11-2
診療時間 可能な限り対応(一般診療19まで)
電話番号 0250-23-1002
対応動物 犬、猫、うさぎ、
ハムスター、モルモット
HP https://www.ogikawa-ah.com/
備考欄 月・日祝午後休診(木午後は予約診療)
事前連絡必須
ペット保険一部対応
時間外診察料金(別途)

 

魚沼市

ゆきのくに動物病院

アクセス 上越線「小出駅」最寄
住所 新潟県魚沼市小出島483
診療時間 19:00~22:00(一般診療19まで)
電話番号 025-708-1007
対応動物 犬・猫
HP http://www.yukinokuni-ah.com/
備考欄 木・水祝午後休診
事前連絡必須
ペット保険一部対応
時間外診察料金(別途)

 

夜間・救急対応の動物病院を利用する際の注意点

事前連絡は必須

基本的に、どの救急病院も事前に連絡する事が必須になります。

なぜなら、緊急時の患者(ペット)が大半だからです。どんな症状か、どんな犬種なのか、動物病院側としては、できる限り万全の状態でお迎えできるように、事前に準備しておく必要があるからです。

ペットの命を守るためには、正確な状況把握が重要です。救急病院へ向かう際は必ず事前に連絡した上で、向かうようにしましょう。

 

スポンサーリンク



新潟市内初「動物夜間急患センター・新潟」開設!

新潟市内に「動物夜間急患センター・新潟」が2018年より開設されました。

新潟市内を中心とした38院の動物病院が協力して運営する年中無休の夜間専門病院になります。

深夜1時まで(受付は24:30まで)となっておりますので、新潟近辺にお住まいの方は覚えておくと良いかもしれませんね。

また近隣の動物病院も合わせてご活用下さい。

夜間対応の救急動物病院一覧|山形県・24時間

 

通常より高額になる

夜間や救急対応の病院は通常より高額となる場合がほとんどです。

人間の場合も同じですが、夜間・救急の場合は「時間外診察料」が治療費などとは別途でかかるという事を頭に入れておきましょう。

 

事前に準備しておく事も大事

一般的に昼間の時間帯に比べて、時間外診察料金などが掛かる事から高額になるケースが多いです。場合によっては驚くような高額な金額を請求されてしまう事もあるかもしれません。飼い主様側からしたら、大変痛い出費であり、その事などが頭をよぎり「多分大丈夫だろう」と朝まで様子を見てしまい、結局手遅れになるケースも多いのです。

そういった高額治療費が掛かる前に、事前に準備しておく事も飼い主として非常に大事な役割です。人間と同じように健康保険などはありませんが、ペットの保険などに入っておけば、こういった非常な事態でも保険側が負担してくれる事によって安く済む場合があります。

ペット保険は様々なサービスがあり、内容や金額などもそれぞれ異なります。

すぐに入らなくても、どういった保険があるのかなど、ある程度の事くらいは知っておくと良いのではないでしょうか。

 

※できる限り最新の情報を記載するように心掛けていますが、中には変更もしくは閉館されてしまっている病院もあるかもしれません。

そのような場合には、ご連絡を頂けると幸いです。確認をした上、迅速に変更・対応致します。

 

その他都道府県別の夜間対応病院

夜間救急動物病院|24時間対応 日本全国都道府県別

 

オススメ記事

-健康管理・季節のトラブル
-