和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

犬 ニュース

ニュース関連

《里親探し》ペットを売らないペットショップ《chou chou(シュシュ)岡山店》が販売から里親探しへ

2017/09/27

ペットの販売をやめたペットショップ

スポンサーリンク


 

今日ネットサーフィン中、こんな記事を発見いたしました。

 

 

犬 ニュース

ペットの販売をやめたペットショップが岡山市にあります。かつて「商品」の犬猫を展示していたガラスケージがあった場所には、保健所などで殺処分を待っていた犬たちがいて、新たな飼い主を待っています。販売から譲渡先探しへと切り替えた理由について、店の責任者に話を聞きました。
販売をやめたのは、岡山市にある「chou chou(シュシュ)岡山店」。2006年に開店し、もともとは犬や猫を販売してきましたが、昨年1月にやめました。

現在では、フードやグッズの販売、トリミングなどのサービスを提供しながら、殺処分される予定だった犬の譲渡先を探す「里親さがし」をしています。

殺処分ゼロを目指して活動しているNPO法人の協力を得ながら、動物愛護センターや保健所などから犬を引き取って里親を探しています。これまでに新しい飼い主が見つかった犬は12匹です。

 

参考元:ペットを売らないペットショップ 販売やめて殺処分される犬の譲渡先探し 転換した理由を責任者に聞く

 

若干長いため、これ以上の内容は上のリンクを直接見ていただければと思います。

簡単に説明すると、岡山県にあるペットショップ「chou chou(シュシュ)岡山店」が《ペット販売は辞めて、その代わり殺処分される予定だった犬の譲渡先を探す『里親さがし』》をしているとのことです。

 

収益はグッズやフードの販売、またはトリミングサービス等のようです。

 

ちなみにこのお店は、補助金等も貰っておらず勿論寄付も募っていないとのこと。

 

正直一瞬頭が??になりました。

主自身あまり詳しくないのですが、本来ペットショップって、ペットの販売が当たり前で、生体販売をしてこそ商売が成り立つものなんじゃないですかね。

 

言い方が悪いかもですが、ペットショップとは仔犬や仔猫を売るという先入観があったため、このニュースには非常に驚きました!

 

率直に素晴らしいことだと思います。

 

ちなみに当店の責任者、澤木崇さんは「いずれは、日本全国のペットショップの半数が、こうしたお店になったらいいなというのが願いです」とも述べられています。

 

何か久々にいいニュースを見たような気がします。

 

本来ペットショップとはこうであってほしいですね。

 

国もわけわからんお金の使い方をするのではなく、こういった所に税金を使ってほしいものです。

 

なお、このお店はフードなどの販売を通販でも行っているとのことで、通販の売り上げのうち5%を里親探し中の犬のエサ代や医療費にあてているそうです。

 

主も通販でフードを買うならここで買おうかと思いました。

 

皆様もご関心がありましたら是非→http://www.chou-chou.co.jp/

 

 
にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

オススメ記事

-ニュース関連
-,