和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

JNN

ニュース関連

殺処分対象の犬、広島のNPO団体《ピースウィンズ・ジャパン》が全頭引取りへ新たな取り組みをスタート

2018/07/27

ペットブームの裏側には、常に付きまとう殺処分問題。

人間に勝手に飼われ、飼えないとなったら勝手に捨てられる。

殺処分についての記事を見かけたためご紹介します。


スポンサーリンク


 

殺処分対象の犬、広島のNPO団体が全頭引取りへ

JNN

広島県のNPO法人が、捨てられるなどして殺処分の対象となった犬を全て引き取って新しい飼い主を探す取り組みを始めることになりました。

処分対象の犬の全頭引き取りを始めるのは、広島県に本部があるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」です。

 

・・・・・・・・・・

 

ピースウィンズ・ジャパンは、これまでの200頭分の施設に加えて、新たな施設を建設して収容能力を600頭にまで拡大する予定です。4月からは広島県で殺処分の対象となった犬を全て引き取り、新たな飼い主を探すことになりました。

「(処分数が)全国ワーストだった広島で殺処分をなくせるのであれば、全国に仕組みが広がり、気づいてくれる人も増える」(ピースウィンズ・ジャパン 大西純子さん)

参照サイト:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2737760.html

 

まとめ

これは非常に好感が持てるといいますか、素晴らしい取り組みだと思います。

全頭引取り、里親を探す。。正直非常に困難な道のりかと思います。

しかし、こういった取り組みを行うにあたり、少なからず救われる子もいるでしょう。

 

冒頭にも記載しましたが、ペット人気の裏側には根深い闇が存在します。

言葉が汚いかもしれませんが、人間の都合で大量繁殖させられ生み出され、売られ捨てられる。。。

捨てる人にもそれぞれ事情があるのでしょう。

忙しくて面倒がみきれない、言うことを聞かず面倒をみきれない、金銭面の問題、etc…

しかし、そんなこと飼う前から分かっていないといけない事ですし、飼うのならその子の一生を責任を負わないければなりません。

犬はモノじゃありません。

命なんです。

犬を捨てる事に関して極端な話、国の法律がゆる過ぎるように感じます。

命を捨てるんですよ?

より重い罪にすることで、捨てる人への抑止力になるのではないのでしょうか。

簡単な問題ではないのでしょうが。。。。

・・・と私がいくら発信しても届く事はないでしょうし、私なんかよりより訴えている方もいらっしゃるでしょう。。

 

とにかく、こういった取り組みがより一層広がればなと心から思います。

 

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

オススメ記事

-ニュース関連
-, , , ,