和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

多肉植物関連

アガベ・王妃雷神白中斑のお迎え&子株を外しました

どうもこんにちは、多肉植物0年生の主です。
最近休みの日になると、朝早く用事を済ませ、せっせせっせと多肉植物のお店に行くのが完全に週末の過ごし方になっております。笑

今回は東京の練馬区にある渋谷園芸さんというお店に行き、気に入った苗を見かけお迎えしてきたので紹介します。

 

 

スポンサーリンク



アガベ・王妃雷神白中斑のお迎え&子株を外しました

渋谷園芸さん。いや〜、広いお店でしたね。

ここはガーデニング店として有名なお店で、多肉植物以外の植物が充実している印象でした。

渋谷園芸さんについては、後ほど書こうと思いますので、良かったらそちらの方を見ていただけたらと思います。

 

そして!!

今回たまたまお見かけし、ビビッと即買いしてしまった多肉植物さんはこちらになります。

アガベ・王妃雷神(オウヒライジン)

という多肉植物になります。

 

葉は肉厚で短く、葉の先には赤黒い棘があります。

このなんとも言えないムチムチとしたフォルムや、力強くどっしりした見た目が気に入って購入しました。

葉の中央ラインに白い斑が入っており、写り方によっては黄色くも見えます。

 

 

この王妃雷神ですが、よく見ると葉の間から子株が出て来ていますね。

ちなみに、この品種はこのようによく葉の間などから子株が出て来きたりするようです。

 

鉢も結構パンパンになっていたので、今回は迎えていきなりですが、もう少し大きいサイズの鉢への植え替えと、子株を取り外す作業をしてみました。

 

 

植え替え&子株をとる

葉の間から3株の子株が確認できます。
今回は植え替えするにあたり、この子株も取っていきます。

 

今回用意したのは、子株用の鉢や土などに加えて上記の3点。
アガベは、棘が結構あり素手で触れないこともないのですが、それはそれは痛いので手袋を用意。

テグスは、必要に応じて使用していく感じですが、今回は使いませんでした。

 

 

コヤツを引っこ抜いて、ふた回りくらい大きな鉢に植え替えます。少し広すぎるかな?まぁ大丈夫でしょう。

 

 

引き抜くと、根がパンパンに延びており、見事鉢の形になっているのが分かります。
根を傷つけない様に、優しく根についた土を落とし、枯れてきている根も軽く外せるようなら外します。ここでは、下の方にある枯れてきているような葉があればついでに取り除きます。

 

 

 

アガベの子株は下からではなく、葉と葉の間から湧いてくるので、テグスで取り外そうかと思いましたが、手で簡単にとれたので今回は使いませんでした。

子株が小さくて可愛いですね。

 

 

親株は、無事に植え替え完了。やっぱちょっと広すぎたかな?

 

 

子株も、直植えしました。(本来なら根が出るまで少し待った方が良いようですが、めんどくさかったのでスパルタでいきます。笑)

 

 

という事で、アガベ・王妃雷神の植え替え&子株の取り外し作業でした。

これから涼しくなってくると、他の株も活発になってくると思うので、そうなったらやる事がかなり増えます。

すなわち多肉植物シーズンになりますので、私にとっては新しい事ばかりなので今から楽しみです。

 

スポンサーリンク



 

オススメ記事

-多肉植物関連