和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

多肉植物関連

パキベリア 霜の朝錦の成長記録|育て方や葉挿しなどの増やし方

多肉植物には、強い日差しや雨などから自らを守る為に「粉(パウダー)」を纏う植物が多く存在します。

粉を纏う姿はどことなく上品さが際立ち、多くの多肉植物愛好家さんから親しまれる品種が多いですが、そのタイプの1種でもある「霜の朝錦」という品種を今回入手しました。

このページでは、パキベリア 霜の朝錦の特徴や我が家で育ててるパキベリア 霜の朝錦の成長記録、増え方などをまとめていこうと思います。

 

 




ページ内目次(タップで該当箇所へ)

パキベリア 霜の朝錦とは

名称 Pachyveria Exotica
属名 パキベリア属
原産国 交配種
生育タイプ 春秋型
特徴 青白い葉色に白っぽい粉を纏う葉

霜の朝は、ベンケイソウ科パキベリア属の多肉植物。

1970年代にアメリカで交配して誕生した品種ですが、その特徴は何と言っても、青白い粉を纏い、薄っすらと紫色を帯びていたりしている葉が特徴的です。

厚みこそありますが、若干細長い葉をしており、「パウダーパフ」という名前でも流通しております。

 

 

霜の朝錦の形状や育て方

上記は少し斑が入った「霜の朝錦」

真っ白く粉が纏った姿は、お化粧したような見え方をしてとても綺麗ですね。

「パウダーパフ」という別名でも流通していますが、名前の通りとても綺麗で可愛らしい姿をしており、ついつい触ってみたくなりますが、触ると粉がはけてしまう為触らないほうが綺麗な状態で保てます。

 

霜の朝は春秋型の多肉植物で、基本的に風通しが良く太陽の光が直接届く場所に管理してあげるのが望ましいとされています。

耐暑・耐寒共は比較的強い方と言われていますが、夏の強光は葉焼けなどの原因となってしまうので注意が必要になってきます。

斑が入った錦であれば、尚の事夏の直射日光などには注意が必要になってきますね。

 

霜の朝の殖やし方としては、葉挿し・株分け・胴切りなどで増やすことが可能で、特に葉挿しは成功しやすい種類のようです。

植替えなどで、葉が取れてしまったりしても捨てないで葉挿しにチャレンジしてみると良いかもしれません。

Twitterなどでチェックしてみても、この種類の葉挿しや胴切りを行い成功されている方も多いようですので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

どこで安く買える?

ガーデンメッセ八王子

霜の朝自体は比較的普及しているので、園芸店や多肉植物農園など店頭などで直接購入する事も可能かと思います。

斑入りの錦などは、若干入手難易度が高くなってしまいますが、それでも入手しやすい方だと思われます。

フリマアプリやネットでの購入に抵抗がないのであれば、それらで簡単に購入する事ができるかと思います。

 

《楽天リンク》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多肉植物 hmエケベリア 霜の朝錦 多肉植物 エケベリア 6cmポット
価格:1098円(税込、送料別) (2020/8/11時点)

 

《Amazonリンク》

hmエケベリア 霜の朝錦 多肉植物 エケベリア 6cmポット

新品価格
¥2,138から
(2020/8/11 23:28時点)

 

霜の朝錦の成長記録

【我が家の環境】

■気候
関東地方、夏は30度以上、冬は5~10度前後。

■置き場所
ベランダで管理。太陽が昇っているときは、1日5~8時間ほど日に当る。

■用土
アイリスオーヤマの「ゴールデン培養土をベースとしたブレンドした土」を使用。

■施肥
固形肥料を使用。

■虫害予防
植替え時に、オルトランDXを混ぜて使用。

■水遣り
成長期には、5~6日に1度たっぷりと水遣り。

夏や冬は、1ヶ月に1or2回ほどたっぷりと水遣り。

いずれも、水遣り後3日程度晴れる日を狙っているため若干ずれる場合あり。

 

2019/11/14撮影

2019年10月下旬に迎えたばかりの苗です。

まだまだ5cmほどの小さい苗ですが、植替えした時に子株が吹いていたので解体して別の鉢に植えました。

 

まだまだ1cmにも満たない小さな苗です。

また、その際に2枚の葉も取り同時に葉挿しにも挑戦してみます。

 

寒さには強いようですし管理はとりあえず外でしようと思いますが、もしかしたらその内室内に入れるかもです。

紅葉するともっと赤みが増してくるのでしょうかね。個人的に好みの見た目をしているため期待しています。

 

2020/8/11撮影

徒長はしていませんが、昨年から比べるとだいぶ背丈が伸びました。

水が足りないのでしょうね。ペラペラになっていました。笑

 

葉挿し苗もだいぶサイズアップしましたが、班は無しですね。

やっぱり班入りの葉挿しは、ほとんど元に戻ってしまいますね。

 

※当ページは随時更新予定です。

 

スポンサーリンク



〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さん&主の励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-多肉植物関連
-, ,