和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

商品レビュー

映画《犬と私の10の約束》|評価 感想 レビューまとめ

2008年3月15日に公開された映画「犬と私の10の約束」の感想・評価・レビュー情報になります。

『犬と私の10の約束』(いぬとわたしのじゅうのやくそく)は、世界中が涙した短編詩「犬の10戒」から生まれた、本木克英監督による犬と少女の愛を描く日本映画作品になります。

良い評価と悪い評価に分類しているので「犬と私の10の約束」を見てみようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



あらすじ

北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日、前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリバーの子犬が迷い込んでくる。その子犬に“ソックス”と名前をつけたあかりに、母(高島礼子)は犬を飼うときは犬と「10の約束」をしなければならないと教えるが……。

参照:シネマトゥデイ

 

犬の十戒(いぬのじっかい)とは?

この作品の元となっている「犬の十戒」とは、下記の詩になります。

1.私と気長につきあってください。
2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3.私にも心があることを忘れないでください。
4.言うことを聞かないときは、理由があります。
5.私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
6.私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
7.私が年を取っても、仲良くしてください。
8.あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
9.私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10.私がし死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られています。

日本語に翻訳された文章には確定したものはなく、さまざまに翻訳された文章が出回っていますが、おおよそは上記の通りになります。

 

作品情報

監督 本木克英
配給 松竹
キャスト 斉藤あかり:田中麗奈
(少女時代:福田麻由子)
星進:加瀬亮
(少年時代:佐藤祥太)
井上ゆうこ:池脇千鶴
星久美子:相築あきこ
星真一:布施明
中野:ピエール瀧
岡田友里:大沢あかね
高橋朋:海老瀬はな
ミチ:海辺の女子高生:藤井美菜
坂本外科部長:矢島健一
コンビニおじさん:岸部一徳
皆川医師:笹野高史
斉藤芙美子:高島礼子
斉藤祐市:豊川悦司
アナウンサー役:大江麻理子
ジャンル 感動
ゴールデン・レトリーバー
公開 2008年3月15日
HP 公式HP

 

 

良い評価

●犬を飼っていて観てない人がいたら是非とも観てもらいたい。犬の気持ちがわかるような気がします。そして涙で視界が大変です。

 

犬のソックスがかわいかった。
だからこそ最後に向かうにつれて見るのが辛かった。

 

●最初観た時は薄っぺらい内容だと思いました。しかし何回か観ていくと、日本人らしさをよく表現できた映画だということがわかりました。

 

●私、こういうの映画館で見れないんです(笑)。涙と鼻水でぐしゃぐしゃになって、30秒に1回ぐらい鼻かむから、周りの人が気になって映画に集中できなくなっちゃう。

 

●犬を飼っている人、死別を経験した人
そんな人なら共感できる部分があると思います。
ペットも言うこと聞かないときもありますが、飼っている人間も完璧じゃない。
犬に対してちゃんと接してあげられたのか、反省の気持ちを持って見てしまう、不思議な、素敵な映画です。
泣けます。最初のお母さんが10戒を読むところで早くも泣けてしまいます。

 

とても満足しました。良い映画ですね。

 

●ソックス、可愛かったです。音楽に合わせて尻尾を振ったりなど、どうやって撮影してるのかなってきになりました。

 

所々あれってなる所や違和感を感じましたが犬を飼っている人にとっては共感する場面もあり、感動させられてしまうのではないでしょうか?
犬の演技はとにかく素晴らしかった!

 

●犬を飼っている人や、これから飼う人は必ず見るべきだと思います。
また、過去に飼っていて愛犬が亡くなった方も引き込まれる作品だと思います。
主人公が身勝手な事をしますが、これは犬を飼っていればだれでも起こりえることです。ですので、より自分と照らし合わせて学ぶことも多いです。

 

●この映画の最大のお薦め出来る点として、この映画を見たら飼い主として自分の飼っている犬への想いが変わるというかもっと優しくなれる というところ。
少女役の女の子は、田中麗奈となるべく違和感が無いように少し似てるんだろうと思いましたがどちらも良かったです。

 

かわいいと悲しいとありがとう、がいっぱい詰まった素敵な映画です。
ぜひ、犬を飼う前に、お子さんと一緒に観て欲しいです。

 

●映画タイトルが普通というかそこまで魅力を感じず、でもTVをつけたら放送されていたし暇だったので見たのですが、後半は涙なしじゃ見られない映画だと思います。演出などは普通でしたが、ストーリー性が私は好きです。

 

●私は犬が特別好きじゃなかったけど
気軽に楽しく観られました!

犬ももちろんかわいいけど
主人公家族の生活観が素敵でした♪

 

●トヨエツさんがいい味を出していると思います。

とても素敵な映画でした。

みてください。
心が暖かくなる映画です。

 

●犬を4匹飼っている私にとっては、かなり泣けますね~。犬を飼っている人はたいがい泣けるんじゃないかと思います。
とにかくワンちゃんかわいい!愛しい!ゴールデンが欲しくなっちゃいます。

 

悪い評価

視聴者をばかにしてますね。

犬の可愛さのためだけに半分くらい見たけど、犬が逃げ出すシーンでもう見てられなくなった。
虐待以外の何物でもない。

この監督の映画は二度と観たくない。

 

●犬好きの人にとってはありえない話です。犬の十戒を完全に冒涜しています。主人公が最低の飼い主。自分の犬を全く愛していません。犬好きな人は見ない方が良いです。
実際世の中にはこういう身勝手な飼い主に飼われている不幸な犬の一生として、表現しているとしたら、かわいそうな犬の映画と言えます。
少なくとも、感動要素なんてどこにもないし、この映画の最低な飼い主を、反面教師として見るべきですね。

 

結局、これは「親と子の愛情」の話であり、
もっと言うと「母親の愛情」の話であった。
犬はあんまり関係ない。
十戒も、あまりピンとこない。(この映画のストーリーにマッチしてない)

 

●犬が物語の主題になっていません
タイトル詐欺です
内容はチープな少女漫画もどきです
犬の映画を期待していただけに怒りでいっぱいです
本当に最低な気持ちです

 

●とにかく中身が薄い。
なぜ、預けた先が引っ越しするのに、犬をそのまま置いてきぼりなのかしら?
違和感いっぱいでした。
ソックスはかわいかったです。

 

犬は可愛いです。
よくある三流携帯小説の恋愛ものに犬を添えただけって感じでした。

ソックスの扱いが雑すぎる。突っ込みだすときりがありませんが、こんなに不愉快に思った映画は初めてです。

 

●演出、ストーリー、映像、すべてが平凡。
脚本があまり良くないので、映画の流れは非常に悪い。
シーンの繋ぎもセリフもカメラもガタガタなので、
映画としてのレベルは高くない。TVドラマより少しマシかな。。程度。

 

犬を飼っているものとしては、10の約束ごとに関しては、共感した。
ただし、演出や、演技が映画というよりも、教育テレビを見ていたような感じであった。

 

●共感出来る部分が少なく、思い出等も唐突すぎる
本当に駄作だと思う 見る価値はない

 

●残念ですが、私は観ていてガッカリしたと同時にひどく馬鹿にされた気分になりました。

そもそも犬が中心の話かと思ってみはじめたのですが、ワンちゃんは安易なお涙頂戴の子仕掛けの一つでしかない。この作品は、映画というよりも、程度の低いテレビドラマをすし詰めにして、これでもかというぐらい内容を薄っぺらくしたような作品でした。

 

犬好きなら全く共感できない。
完全に10戒を冒涜している。

 

●たぶん、この監督は犬どころか生き物を飼ったことがないのだと感じました。
楽しい犬との生活がカラッポ。
犬ってもっともっと近くにいるんですよ。
弱っていく姿もそういう感じじゃないんです。
一度飼ってみてはどうですか?

 

●つまらなくて最後まで見れなかったです…
好きだと思った人ごめんなさい…
展開が簡単に読めすぎて、どうせ最後も犬死んでお涙ちょうだいでおわるんでしょ??って思い途中でリタイア。
これから犬を飼おうと思ってる「子供」向けの映画です。

 

犬の話ならそれを徹底してくれよ!
ちょいちょい挟んでくる主人公の恋は興味ないんだよ!

 

●CGでしっぽを振らせたり、うなずかせたりせずに
犬がする自然なしぐさで映画作りましょうよ・・・
あらすじも荒いなんてもんじゃない程も酷く「10の約束」これだけで支えられた映画です

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

犬と私の10の約束 プレミアム・エディション [ 田中麗奈 ]
価格:3624円(税込、送料無料) (2019/2/7時点)

 

こちらの記事もオススメです

犬好き必見!?犬が出演する人気オススメ映画(洋画&邦画)【泣ける 感動 面白い ホラー】まとめ

 

スポンサーリンク




参考:Yahoo! 映画

 

オススメ記事

-商品レビュー
-