和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

いちご

ドッグフード・おやつ関連 情報・ランキング関連

犬はいちごを食べても大丈夫!?与える量に気をつけましょう!!

甘酸っぱい中にも独自の甘みのある赤い果物”いちご”。

品種などによって様々ですが、いちごの旬はおおよそ10月頃~5月頃と言われており、正にこれからとなります。

食卓に並ぶ事も増えると思われますが、犬はイチゴを食べても大丈夫なのでしょうか。

今回は犬といちごの相性について調べてみました。

 



スポンサーリンク




 

犬はいちごを食べても大丈夫!?与える量に気をつけましょう!!

いちご

犬にいちごを与えても大丈夫?

はじめに、結論だけお伝えすると、犬にイチゴを与えても基本的には健康上に問題はないと言われています。

まずイチゴの成分ですが、およそ90%が水分になります。

その他として主に、ビタミンC・カリウム・マグネシウム・カルシウムなどなど。

基本的には犬に危険といえる成分は含まれてはいません。

しかし、これら安全と言われる成分の他にも、犬にとって危険と言われる代表的な成分”キシリトール”がイチゴには含まれています。

キシリトールは虫歯予防に良いとされ、様々なガムやタブレット、歯磨き粉なんかに使用されていますが、犬がキシリトールを過剰摂取すると命の危険となる場合があります。

 

キシリトールが含まれているからイチゴはダメなんじゃないの?

上記でご説明した通り、イチゴにはキシリトールが含まれています。

キシリトールの過剰摂取でどのような影響があるのかというと、犬の場合体の中で大量のインスリンが分泌され、低血糖や肝障害を引き起こしてしまう恐れがあります。

特に糖尿病の犬がキシリトールをとってしまうと、より危険となります。糖尿病を患っているわんちゃんの飼い主さんはこのようなリスクがあることを把握しておきましょう。

 

ただしそれは、あくまで過剰摂取であって、健康な犬であればイチゴに含まれている程度のキシリトールの量だと特に問題はありません。

というのも、イチゴに含まれるキシリトールの量はおおよそ100gあたり40mgほど。

個体によっても異なるのですが、中毒を引き起こす目安としては1kgあたり0.1g(100mg)の摂取と言われていますので、そう何個も何個も与えなければ特に問題はないです。1個や2個くらい食べてしまってもさほど心配する必要はないでしょう。

しかし、一度に与え過ぎると勿論危険ですので、与える場合はその子にあった量を必ず守ってあげて下さいね。

 

いちごの成分表と栄養素

いちご

エネルギー 34kcal
水分 90g
たんぱく質 0.9g
脂質 0.1g
炭水化物 8.5g
灰分 0.5g
飽和脂肪酸 0.01g
不飽和脂肪酸 0.06g
食物繊維 1.4g
カロテン 18μg
ビタミンE 0.4mg
ビタミンK μg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.02mg
ナイアシン 0.4mg
ビタミンB6 0.04mg
葉酸 90μg
パントテン酸 0.33mg
ビタミンC 62mg
ナトリウム mg
カリウム 170mg
カルシウム 17mg
マグネシウム 13mg
リン 31mg
0.3mg

※いちご100gあたりの成分

※訂日本食品標準成分表より

 

ビタミンCが豊富

イチゴといえばビタミンC。

犬はビタミンCを体内で生成できるため食事で補う必要はないと言われていますが、高齢になり老化が進むとビタミンCを生成する力が衰えてきるようです。

そんな場合などには、足りていないビタミンCを補う丁度良いビタミンCの供給源と言えるかもしれません。

 

《ビタミンCが豊富な他の食材》

犬はパセリを食べても大丈夫?効能やあげ方を調べてみました!

犬はレモンを食べても大丈夫?匂いでしつけができるって本当?

 

ポリフェノールでアンチエイジング

イチゴに含まれるポリフェノールは、視力低下などを始めとする犬の老化の予防に役立つとも言われています。

ただし過剰摂取はかえって健康を損ねてしまうため、注意。

 

ペクチンで整腸作用

いちごには下痢や便秘などを予防する効果のあるペクチンという可溶性食物繊維が含まれています。

また血液中のコレステロール、中でも悪玉と呼ばれるLDLを下げる働きもあり、免疫力のアップにもつながります。

 

《ペクチンが豊富な他の食材》

犬はオクラを食べても大丈夫!?生や種で食べたらどうなる??

犬はりんごを食べても大丈夫!食べてもいい量と注意点

 

食べさせる場合の注意点

どんな食べ物でも同じことがいえますが、与え過ぎには気をつけて下さい。

与えても良い目安ですが、これは犬の個体によってまちまちなので一概には決めつけられませんが、大体小型犬の場合半分~1個程度にしておきましょう。

キシリトールの他にも、水分量が多い果物なので、食べ過ぎると下痢や嘔吐の原因にもなります。

 

また与える場合、へたをとり、丸呑みしても問題のないようにできるだけ切って小さくしてからあげましょう。

アレルギーのある子には与えないのは勿論、アレルギーか分からない場合や初めての場合は、さらに少なくして様子を見てあげて下さい。何か異変があるようでしたら、すぐに獣医師さんに診てもらいましょう。

 

常識の範囲内で

いちご

基本的には、食べ過ぎなければ犬がいちごを食べても健康上の問題はありません。

しかし、他の全く問題のない果物に比べて、良くないとされる成分がいちごには含まれていることも事実です。

なので、あまり積極的に与えても良い果物ではないかもしれない。という事を飼い主さんは理解してあげてくださいね。

キシリトールの他にも、食べすぎは肥満の原因にも繋がりますしね。。。

与える場合は、量に気をつけることを必ず守りましょう。

 

まとめ

■一度に大量に与えない

■小型犬であれば一度に1個程度まで

 

以上、いちごについてでした~。

 



スポンサーリンク




 

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-ドッグフード・おやつ関連, 情報・ランキング関連
-, ,