和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

犬 じゃがいも

食べ物関連

犬はじゃがいもを食べても大丈夫?生食やアレルギーには注意しましょう!

肉じゃがやカレーなどの具材として、比較的安価で購入できる家庭で大活躍のじゃがいも。

野菜の中でも食べる機会が多いじゃがいもですが、一方犬はじゃがいもを食べられる食材なのでしょうか。また、食べる際の注意点は?

今回は犬とじゃがいもの相性について調べてみました。

 

スポンサーリンク



犬はじゃがいもを食べても大丈夫?

犬 じゃがいも

結論からお伝えすると、基本的に犬はじゃがいもを食べても健康上の問題はないとされています。

じゃがいもは、炭水化物が主成分で、ビタミン類やミネラル類も豊富に含まれています。

じゃがいもに含まれている成分は、基本的に犬にとっても中毒となる成分は含まれていないようです。

そのため、アレルギーなど一部の犬を除いては基本的に与えても問題のない食材ということになります。

しかし食べられる食材でも当然注意しなければならない点もあります。

 

ナス科植物に含まれる成分「ソラニン」

ナス 犬

じゃがいもは意外にもナス科の植物だということをご存知ですか?

じゃがいもはナス科の植物に多く含まれる天然毒素である「ソラニン」や「チャコニン」が例外ではなく含まれている場合があります。

ソラニンやチャコニンはじゃがいもの芽や皮や傷のついた部分に多く含まれているため、もし与えるのであれば必ず完全に取り除く必要があります。

 

人間が食べた場合も量が多ければ中毒症状を引き起こす強力な毒素なので、じゃがいもを調理する際は必ず芽の部分は取り除きますよね。

あれは犬にとっても同様どころかそれ以上に危険なものなのです。

中毒症状を引き起こすと、人間の場合吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。犬の場合も同様の症状が現れる場合があり、大量に摂取すると最悪死に至る場合もあります。ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いで獣医さんにみてもらいましょう。

 

じゃがいもの栄養価

じゃがいもは、炭水化物をはじめとする、犬にとっても大事な栄養素がバランスよく含まれています。

糖類は、元気盛りのワンちゃんの大事なエネルギー源になります。

じゃがいもを摂取した場合に得られるメリットをいくつかご紹介します。

 

ビタミンが豊富

じゃがいもはビタミンCやビタミンB6が豊富に含まれています。

じゃがいものビタミンCは、じゃがいもに含まれるデンプンのおかげで熱を加えても壊れにくいことが有名です。

そのため効率よくビタミンCを補うことができますね。

 

一般的に犬はビタミンCを体内で生成できるため食べ物であえて取る必要はないと言われてきましたが、高齢になり老化が進むとビタミンCを生成する力が衰えてくるようです。

そんな場合などには、足りていないビタミンCを補う丁度良いビタミンCの供給源と言えるかもしれません。

 

《ビタミンCを含む他の食材》

犬はキャベツを食べても大丈夫!?与えていい量や芯について解説

 

消化に良い

じゃがいもは水溶性の食物繊維が豊富な食材です。

そのため、比較的消化に良い食べ物と言えるのではないでしょうか。

水分も豊富なため、便秘気味の犬にも良いかもしれません。

 

与える際の注意点

犬 じゃがいも

芽や皮は必ず取り除く

先ほどもお話ししましたが、じゃがいもを与える際はソラニンやチャコニンを含む芽は必ず根元から完全に取り除く必要があります。

皮も緑色になっている場合は、ソラニンなどが多く含まれる為、必ず取り除きましょう。(皮より内側の部分も含めて緑色になっている部分は全て除く)

芽や皮以外にも、傷んでいる部分にも毒素が含まれているので注意してください。

 

加熱しても危険

ソラニンやチャコニン自体は、170℃以上で分解を始めるとの報告がありますが、加熱によって、ジャガイモに含まれるソラニンやチャコニンの量が確実に減ることは期待できません。

参考:http://www.maff.go.jp/

ソラニンやチャコニンは、加熱しても毒性に変化はない様なのでご注意ください。

 

加熱して柔らかくする

与える場合生ではなく、必ず火を通したじゃがいもを与えるようにしましょう。

生のじゃがいもは、硬く消化しにくい為、消化不良を起こし下痢や嘔吐の原因になる可能性があります。

できれば加熱したじゃがいもを、マッシュ状にしたりして食べやすくしてあげると良いです。

 

与える目安の量

また、じゃがいもは炭水化物が多く犬の場合カロリーが高い食材です。

肥満気味の犬には注意が必要ですし、そうでない犬でも、様々な理由から与え過ぎには注意が必要です。

参考:https://allabout.co.jp/gm/gc/474042/photo/1477830/

上記の量を目安に、与え過ぎない様に意識して下さい。

 

アレルギーに注意

じゃがいも自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

手作り食やオヤツにも

柴犬 和來

じゃがいもは安価なこと、調理の手軽さ、栄養の豊富さから、犬の手作りフードのレシピやご飯のトッピングなどで活躍してくれそうですね。

私の知り合いの方でも、じゃがいもをご飯に取り入れている愛犬家さんの話をよく聞きます。

普段のご飯に上手に取り入れることができれば腹持ちも良いし良いエネルギー源となるでしょう。

レシピが分からない場合でも調べてみると結構沢山出てくるので気になる方はチェックしてみるといいかもしれませんね。

 

まとめ

■基本的に与えすぎなければ問題なし

■芽や皮は必ず取り除く(毒性あり)

■犬にとって高カロリーなので肥満気味の犬には注意

 

《他の芋類について》

犬はさつまいも・焼き芋を食べても大丈夫?生や皮のまま食べても大丈夫なの?

 

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめです

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-, ,