和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

多肉植物関連

ハオルチア タイガーピグ錦の特徴や成長記録|育て方や増やし方

主に南アフリカが原産地のハオルチアですが、ハオルチア愛好家によって交配されて誕生したハオルチアも多くあります。

その交配によって誕生したとされるハオルチアの一種であり、人気もそこそこあるタイガーピグを入手いたしました。

このページでは、ハオルチア タイガーピグ錦の特徴や我が家で育ててるハオルチア タイガーピグ錦の成長記録、増え方などをまとめていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク



ハオルチア タイガーピグ錦とは

名称 Haworthia 'Tiger Pig'
属名 ハオルチア属
原産国 交配種
生育タイプ 春秋型
特徴 けば立ったザラザラ白窓

ハオルチア タイガーピグは、「ピグマエア」と「毛蟹」と呼ばれるハオルチアの交配種です。

ピグマエアと言えば、窓に白いケバケバがあるのが特徴のハオルチアですが、タイガーピグはその特徴が存分に引き継がれています。

 

 

ハオルチア タイガーピグ錦の形状や育て方

タイガーピグ錦をアップで撮影した画像になります。

片親である「ピグマエア」に比べると、葉の先端部分が少し立っている形状をしていますね。

そこはもう一種の片親である「毛蟹」の影響なのでしょうか。

 

また、ケバケバ感も少し控えめな気がします。

これはこれで、個人的には好みではあります。

 

 

タイガーピグは、比較的仔吹きが盛んな品種と言われていますので、大きな苗になりますと、自然に子吹いて子株が取れやすいようです。

 

上のツイッターの画像のように、あれだけ盛り盛りになったら凄いですね!!

もちろん、ハオルチアですので胴切りや葉挿しなどによって繁殖する事も可能だと思われます。

 

 

どこで安く買える?

ガーデンメッセ八王子

タイガーピグは比較的に普及しているイメージがあります。

斑入りの苗である「タイガーピグ錦」も、他のハオルチアの錦よりも普及しており、前述した様に、かなり繁殖しやすい方ですので、比較的値段が安めな方なのではないかと思います。

大きい苗はあまり見た事がありませんが、小さい苗ですと、ネット販売、ネットオークションやフリマアプリなどでも入手する事が可能です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タイガーピグ ハオルチア属 多肉植物 9cmポット
価格:700円(税込、送料別) (2020/1/12時点)

 

ハオルチア  タイガーピグ錦の成長記録

【我が家の環境】

■気候
関東地方、夏は30度以上、冬は5~10度前後。

■置き場所
窓際の室内で管理。別途植物育成ライトを使用。

■用土
アイリスオーヤマの「ゴールデン培養土をベースとしたブレンドした土」を使用。

■施肥
固形肥料を使用。

■虫害予防
植替え時に、オルトランDXを混ぜて使用。

■水遣り
室内管理の為、通年土が乾いて数日したら水やり。

大体1週間に1度ほどのペース。

 

2020/1/12撮影

2019年の10月頃に、かの有名な多肉BBで入手した苗になります。

サイズは直径5cmほどの小さい苗ですが、バランスの良い綺麗な斑入りが気に入っています。

これはこれで綺麗ですが、我が家の環境では少し光が強すぎるのでしょうか、日焼けしているかもしれませんね。

 

ですが、しっかりと動いていると思います。来た頃より、葉の数も増えて若干サイズがアップしています。

大きくなったら繁殖して増やしてみたいですね。

 

 

※当ページは随時更新予定です。

 

スポンサーリンク



〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さん&主の励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-多肉植物関連
-,