和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

多肉植物関連

多肉植物 アエオニウム グリーノビアの種類や育て方 増やし方や成長記録

多肉植物の多くは春や秋に成長期を迎える事が多いわけですが、稀に冬など気温が低くなった時に成長を向かえる、いわゆる「冬型」のものも存在します。

今回、その冬型の多肉植物である「アエオニウム グリーノビア」を入手したので紹介します。

このページでは、多肉植物アエオニウム グリーノビアの特徴や我が家で育ててる多肉植物 アエオニウム グリーノビアの成長記録、増え方などをまとめていこうと思います。

 

スポンサーリンク



ページ内目次(タップで該当箇所へ)

アエオニウム グリーノビアとは

学名 Aeonium 'Greenovia'
属名 アエオニウム属
原産国 カナリア諸島
生育タイプ 冬型
特徴 休眠期はロゼットが閉じて薔薇のような見た目

13℃~29℃と温暖の気候を保つカナリア諸島が原産の多肉植物。

元々はベンケイソウ科グリーノビア属に分類しておりましたが、現在はアエオニウム属に統合されました。

グリーノビアの特徴は何といっても休眠期の姿で、日本の気候では夏頃を迎えると休眠期に入り、ロゼットが閉じて薔薇の花束のようになるとても美しい変わった植物です。

 

 

アエオニウム グリーノビアの形状や育て方

こちらの姿は夏の姿で、いわゆる休眠期にあたります。

ロゼットがきゅっと締まり、何とも美しい姿をしております。

気温が下がり、休眠期を終えるとロゼットが徐々に開きます。

成長してくれるのは嬉しいのですが、個人的にはこの休眠期の姿の方が好みです。

 

育て方についてのお話をします。

基本的に他の多肉植物と同じで蒸れに弱いため、日当たりが良く、風通しの良い場所で管理するのが望ましいです。

6~9月頃の休眠期には、環境にもよるのですが、基本的に水を吸いませんので水遣りをできるだけ控えます。

冬型といっても、気温が10度を下回ると成長が止まりますので、そうしましたら夏と同様に水遣りを控えめで管理する必要があります。

暖かい気温が続く日を狙って水遣りをするなど工夫して管理してあげましょう。

注意点として、休眠期などロゼットが締まった状態の時に中心に水が溜まるとそこから腐ったりする時があるので、水が溜まってしまったらブロワーなどで飛ばすようにしてください。

 

グリーノビアの増やし方としては、挿し木や実生などが挙げられます。

葉挿しは出来ない事はないかもしれませんが、他のアエオニウム同様成功率は極めて低いのではないでしょうか。

サイズが大きくなると、自然に子吹きやすい品種ではあるので、増やしたい方はまず苗を大きくする事を意識すると良いかもしれませんね。

 

 

ちなみに、春頃を迎えると苗の中心から花芽を伸ばし花が咲く事があります。

こうなると、親株(花を咲かした苗)は枯れる事があるようです。

 

 

 

どこで安く買える?

グリーノビア自体は比較的普及が進んでいる品種ですので、よく聞く「オーレア」や「ドドランタリス」などは良く目にします。

グリーノビアの中でもかなりの種類が誕生していますから、全てが簡単に手に入るとは限りませんが、ネット通販やフリマアプリでも流通しています。

 

《楽天リンク》

 

《Amazonリンク》

hmグリーノビア ドドランタリス 多肉植物 グリーノビア 6cmポット

新品価格
¥862から
(2020/8/3 14:48時点)


 

アエオニウム グリーノビアの成長記録

【我が家の環境】

■気候
関東地方、夏は30度以上、冬は5~10度前後。

■置き場所
ベランダで管理。太陽が昇っているときは、1日5~8時間ほど日に当る。

■用土
プロトリーフさんの「サボテン・多肉植物の土」を使用。

化粧土に鹿沼土を使用。

■施肥
固形肥料を使用。

■虫害予防
植替え時に、オルトランDXを混ぜて使用。

■水遣り

成長期には、5~6日に1度たっぷりと水遣り。

夏や冬は、1ヶ月に1or2回ほどたっぷりと水遣り。

いずれも、水遣り後3日程度晴れる日を狙っているため若干ずれる場合あり。

 

2020/8/3撮影

今回に入手したのは「カナリア」「ドドランタリス」「テネリフェ」「エルイエロ」の4種類。

 

 

まずカナリア。

ワイングラスのような形状に閉まったロゼットが美しいですね。

 

 

続いてドドランタリス。

先に紹介したカナリアに比べると、若干小ぶりでキュッとしています。

 

 

 

続きましてテネリフェ。

今まで紹介した3つの中では一番特徴があるかもしれません。

ロゼットの中心(成長点)が一番閉じていますね。

 

 

最後にエルイエロ。

これもまた、何とも上品な苗で、どこと無く気品が漂いますね。

 

…えぇ、ぶっちゃけ違い分からんです。

若干ロゼットが開いてるとか開いていないとか、大小の違いはありますが、個体差もあるでしょうしね。

私なんかが見たら全て同じに見えてしまいます。笑

とりあえず、今の時期は休眠期にあたるので、明るい日陰で管理していこうと思います。

 

2020/10/16撮影

なんか、土が合わない気がしたので植え替えついでに、約2ヶ月経ちましたので経過報告です。

 

まずカナリア。

若干ロゼットが開き始めてきました。

根は若干出始めている感じでした。

 

次にドドランタリス。

こちらも発根していましたが、まだ目覚めた感じではないですね。

 

続いてテネリフェ。

こちらもまだまだ開いていない感じです。

 

最後にエルイエロ。

色の特徴こそ出てきましたが、こちらもまだ開いていないですね。

そろそろ気温も寒くなってきたし、目覚める予定なのですが中々長い眠りから覚めてくれません。笑

 

※当ページは随時更新予定です。

 

スポンサーリンク



〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さん&主の励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-多肉植物関連
-,