多肉植物 セダム クラバツムの成長記録|育て方や増やし方

多肉植物関連

セダムの中では比較的大きめのサイズになる品種で、小ぶりでぷっくりとした葉が特徴的な「クラバツム」。

このページでは、セダム クラバツムの特徴や我が家で育ててるセダム クラバツムの成長記録、増え方などをまとめていこうと思います。

 




多肉植物 セダム クラバツムとは

学名 Sedum clavatum Clausen
属名 セダム属
原産国 中米
生育タイプ 春秋型
特徴 肉厚の丸い葉に、幹立ち群生しやすい

ベンケイソウ科セダム属、メキシコに自生するれっきとした原種のセダム。

一般的に「クラバツム」という名で、流通していますが、他に「ラウム」、「クリームロッティ」、「ピンクラウル」とも呼ばれたりしています。

セダムの中では、比較的サイズが大きくなり、木立して群生しやすい種類です。

 

 

多肉植物 セダム クラバツムの形状や育て方

ムチムチで葉のフォルムが丸く、黄緑に近いグリーン色の葉色。

この苗も木立していますが、これは徒長ではなく、品種の特徴。

 

根元付近には、赤ちゃんが沢山出ていますが、これもこの品種の特徴で、成長するに従い、群生しやすい種なのだそう。

 

春頃の暖かい季節になると、白い花を咲かせ、より彩緑になります。

 

耐暑性・耐寒性については比較的強い方ですが、どちらかといえば夏の暑い時期の方が注意が必要です。

クラバツムに限らず、他の多肉全般に言えることですが、高温多湿に弱いので、梅雨から夏の時期にかけては風通しの良い場所で管理してあげることが重要だと思います。

 

クラバツムは、葉挿しもできますし、もちろん胴切りなどで増やすことが可能です。

ただし前述した通り、子株が出やすい品種ですので、強制的に増やす事をしなくても増えることは増えます。

 

どこで安く買える?

ガーデンメッセ八王子

クラバツムはいわゆる普及種にあたる品種ですので、比較的流通しています。

サイズにもよりますが、数百円程度で販売されているイメージです。

ネット通販などでも販売されていることが多いので、気になる場合はチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

 

セダム クラバツムの成長記録

【我が家の環境】

■気候
関東地方、夏は30度以上、冬は5~10度前後。

■置き場所
ベランダで管理。太陽が昇っているときは、1日4時間ほど日に当る。

■用土
プロトリーフさんの「プロトリーフ サボテン多肉植物の土」を使用。

■施肥
特に無し。

■虫害予防
植替え時に、オルトランDXを混ぜて使用。

■水遣り
成長期には、5~6日に1度たっぷりと水遣り。

夏や冬は、1ヶ月に1or2回ほどたっぷりと水遣り。

いずれも、水遣り後3日程度晴れる日を狙っているため若干ずれる場合あり。

 

2021/3/6撮影

先日お迎えした苗です。

サイズは中苗サイズ(鉢はプラステラ90です)で、傍から子株がぎっちり出てきています。

とりあえず、しっかりと根付いてくれればいいなと思います。

 

ムチムチした感じが中々可愛いです。

 

※当ページは随時更新予定です。

 

スポンサーリンク



〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さん&主の励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました