和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

多肉植物関連

多肉植物 グラプトペタルム アメジスチヌムの特徴や成長記録|育て方や増やし方

最近ムチムチ多肉にどハマりしている主です。

丸々とした葉が特徴的な「グラプトペタルム アメジスチヌム」という品種についてお話したいと思います。

このページでは、多肉植物グラプトペタルム アメジスチヌムの特徴や我が家で育ててる多肉植物 グラプトペタルム アメジスチヌムの成長記録、増え方などをまとめていこうと思います。

 

スポンサーリンク



ページ内目次(タップで該当箇所へ)

グラプトペタルム アメジスチヌムとは

名称 Graptopetalum amethystinum
属名 グラプトペタルム属
原産国 メキシコ
生育タイプ 春秋型
特徴 丸みを帯びた肉厚な葉

丸みを帯びたコロッとした葉、赤紫色をしたカラーが特徴的な中米・メキシコが原産と言われる多肉植物。

グラプトペタルムに属する品種で、葉の表面はパウダーを纏っています。

その可愛らしいフォルムから日本でも非常に人気のある多肉植物の一つです。

 

 

グラプトペタルム アメジスチヌムの形状や育て方

まん丸とした葉の形状がなんとも特徴的です。

葉色は、良く動く春先から秋にかけては赤紫色をしており、冬の紅葉期は濃いピンク色に染まります。

良く見ると、表面は白いパウダーを纏い、触ると取れてしまうのであまり触らないよう注意する必要があります。

 

ちなみにピンクシフォンの片親はこのアメジスチヌムになります。

グラプトベリア ピンクシフォンの成長記録|育て方や増やし方

 

アメジスチヌムは春や秋の時期に成長期を迎える品種で、真夏の暑すぎる時期や寒すぎる環境は少し注意が必要です。

基本的に他の対肉植物同様蒸れに弱いため、風通しの良い日向で管理するのが一般的ですが、真夏の太陽が強すぎる場合などは、直射日光を避けるなどしないと葉焼けしてしまう場合もあります。

春や秋など生育が盛んな時期は、土が乾いたらたっぷりと水を与え、真夏や冬など生育が鈍る時期は水を吸う力が若干弱くなるので、時期によってメリハリをつけるのが大事になってくるかと思います。

 

アメジスチヌムの増やし方は、葉挿し・挿し木(胴切り)などで増やす事が可能です。

特に葉挿しは、どちらかというと成功しやすい部類ですので、生育が盛んになる春や秋にチャレンジしてみると良いかもしれません。

 

 

どこで安く買える?

多肉植物 素材

アメジスチヌムは人気のある品種ですので、大きな園芸店や多肉植物を専門に扱う農園などに行けば時期によっては出会えるかもしれません。

ネット通販などでも比較的頻繁に販売しているイメージですので、抵抗がない方はチェックしてみるとお気に入りの苗が見つかるかもしれませんね。

値段はまちまちですが、1,000円未満で販売されている事が多いと思います。

 

《楽天リンク》

 

グラプトペタルム アメジスチヌムの成長記録

【我が家の環境】

■気候
関東地方、夏は30度以上、冬は5~10度前後。

■置き場所
ベランダで管理。太陽が昇っているときは、1日5~8時間ほど日に当る。

■用土
プロトリーフさんの「サボテン・多肉植物の土」を使用。

■施肥
固形肥料を使用。

■虫害予防
植替え時に、オルトランDXを混ぜて使用。

■水遣り
成長期には、5~6日に1度たっぷりと水遣り。

夏や冬は、1ヶ月に1or2回ほどたっぷりと水遣り。

いずれも、水遣り後3日程度晴れる日を狙っているため若干ずれる場合あり。

 

2020/8/15撮影

去年の冬(およそ半年前)に購入した苗になります。

 

成長はしているのですが、管理している場所がかなり悪かった為でしょうか、めちゃくちゃ不恰好(徒長)しちゃっていますね。。。

まん丸してるのがこの品種の特徴であり、らしさなのに・・・

 

という事で、仕立て直すつもりで、真夏ですがカットしてみました。

とりあえず、直射日光の当たらない安全地帯で管理していこうと思います。

 

※当ページは随時更新予定です。

 

おすすめ記事

サボテン・多肉植物用語一覧

サボテン・多肉植物全国即売会イベント情報|2020年度版〜7月14日更新〜

スポンサーリンク



〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さん&主の励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-多肉植物関連
-,