和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

ゴーヤ

食べ物関連

犬はゴーヤを食べても大丈夫?あげる際の注意点は?

2017/09/25

夏になると旬を迎えるゴーヤ。

”にがうり”という名の通り非常に苦味が強いゴーヤですが、犬にゴーヤを与えても問題はないのでしょうか。

今回は犬とゴーヤの相性について調べてみました。

 



スポンサーリンク




 

犬はゴーヤを食べても大丈夫?

ゴーヤ

結論からお伝えすると、基本的に犬はゴーヤを食べても健康上の問題はありません。

夏の健康野菜として知られるゴーヤですが、犬にとって特に問題となる成分は含まれていないようです。

それどころか、犬にとっても健康に役立つ栄養素がたっぷりと含まれています。

アレルギーなどその犬に合っていないようなことがなければ特にゴーヤを食べても問題ありません。

 

ゴーヤの成分表・栄養素

エネルギー 17kcal
水分 94.4g
たんぱく質 1.0g
脂質 0.1g
炭水化物 3.9g
灰分 0.6g
食物繊維 2.6g
カロテン 210μg
ビタミンE 0.9mg
ビタミンK 41μg
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.07mg
ナイアシン 0.3mg
ビタミンB6 0.06mg
葉酸 72μg
パントテン酸 0.37mg
ビタミンC 76mg
ナトリウム 1mg
カリウム 260mg
カルシウム 14mg
マグネシウム 14mg
リン 31mg
0.4mg

※100グラムあたりの値
※日本食品標準成分表より

 

上記の数値はゴーヤ100gあたりの成分となります。

 

ビタミン類が豊富

ゴーヤは葉酸、カロテン、ビタミンE・K・Cなどビタミン類が豊富に含まれています。

元々犬はビタミンCを体内で生成することができる動物ですが、合成にも限度があります。

日々の健康を維持するために時には食べ物などから取り入れることも良い事かと思います。

 

モモルデシンで食欲増進

ゴーヤ独特のあの苦味成分の正体がこの”モモルデシン”というもので、これがまた体に良いそうです。

このモモルデシンは、食欲増進効果や胃腸の粘膜の保護に効果があるようです。

水分も多く含まれているため、夏場など食欲不振にもってこいの食べ物ですね。

 

与える際の注意点

ゴーヤは食物繊維が非常に多く含まれています。

元々犬は野菜などの消化は苦手とされる動物なので、与える際は必ず茹でるなどして加熱する必要があります。

さらに細かくカットしてあげるなど、できるだけ負担にならないよう手を加えたほうが良いかと思います。

勿論種は消化できないので取り除いてあげてください。

 

食べ過ぎると便が緩くなったり、嘔吐の原因となるためとなるため与えすぎには注意が必要です。

もし初めてあげるのであれば少量から、その後の様子もしっかりと見る必要があります。

 

また先ほど触れたゴーヤの苦味成分”モモルデシン”の過剰な摂取もよくありません。

逆に胃酸過多となり、胃の中が荒れてしまう可能性もあるということをしっかりと把握しておく必要があります。

 

アレルギーに注意

ゴーヤ自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

おやつ程度という認識で

黒柴 和來

ゴーヤは適量であることと、アレルギーなどその犬に合っていないようなことがなければ特にゴーヤを食べても問題ありません。

しかし与えすぎると、嘔吐や下痢の原因となるため注意が必要。

それはどの食材でも一緒ですね。

個人的な見解としては、たまにのご褒美やおやつ程度に与えるくらいがちょうど良いのかと思います。

 

まとめ

■犬にゴーヤを与えても問題なし

■食物繊維が多いので与え過ぎは注意

■犬のおやつとしてゴーヤチップスなどの販売もある

 



スポンサーリンク




 

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-, ,