和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

豆腐

食べ物関連

犬は豆腐を食べても大丈夫?

2017/09/25

豆腐は大豆が原料で、手軽に食べれて栄養も豊富。

人間が食べれて犬は食べられない食材は数多くありますが、犬は豆腐を食べても健康上の問題はないのでしょうか。

今回は犬と豆腐の相性について調べてみました。

 



スポンサーリンク




 

犬は豆腐を食べても大丈夫?

豆腐

結論からお伝えすると、犬は豆腐を食べても健康上の問題はないようです。

それどころか、豆腐には健康に役立つと言われる栄養素がたっぷり含まれています。

 

ご存知豆腐とは大豆の絞り汁(豆乳)を固めた加工食品であり、基本的に大豆に対してのアレルギーがない限りは問題はない食材とされているようです。

 

犬に豆腐を与えるメリット

豆腐には健康に役立つ様々な成分が含まれています。

その中でもいくつかピックアップしてご紹介します。

 

高タンパク低カロリー

豆腐は高タンパクで低カロリーな食材です。

タンパク質は犬の健康な体を作る上で欠かせない成分で、低カロリーなので肥満気味の犬などにも安心してあげられます。

 

豆腐に含まれる大豆サポニン

大豆の苦味成分として知られるサポニン。

このサポニンという成分の主な効果としては、肝機能の障害改善、コレステロールや中性脂肪の低下など。

 

大豆イゾフラボンで毛艶アップ

よく耳にするかと思われる栄養素です。

大豆イソフラボンは人間の場合主に更年期障害、髪の張りやツヤの改善、美肌&美白効果に期待が持てる栄養素ですが、犬の場合も皮膚の健康維持や毛艶アップなどに役立つかもしれません。

 

与える際の注意点

与える際の注意点としては、まず一に豆腐は水分量が豊富です。

体に合わない子や、食べさせすぎると便が緩くなったり下痢の原因となる可能性があります。

 

また豆腐にはマグネシウムやリンなどのミネラル類が多く含まれています。

いずれも適量であれば、健康の維持に欠かせない栄養素なのですが、リンの過剰摂取は逆効果で、リンばかり取り過ぎると尿結石の原因となる”ストルバイト結石”を構成する素となると言われています。

いずれにせよ与えすぎないように注意しましょう。

 

アレルギーに注意

豆腐自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

与える際は適量に

豆腐

基本的に豆腐は人間同様犬にとっても健康に良い食べ物です。

消化にも良く、消化機能が人間に比べ強くない犬にとってもさほど負担をかけにくい安全な食べ物と言えると思います。

しかしいくら安全で健康に良いとされる豆腐でも与えすぎてもダメですし、体質的に合わない子もいますので始めてあげる子には少量ずつ様子を見ながら食べさせてあげて下さい。

また、犬の手作り食として豆腐を使用したレシピ等は調べてみると沢山あります!

もし手作り食をお考えの方は、検索してみると良いかもしれません。

 



スポンサーリンク




 

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-, ,