和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

犬 マンゴー

食べ物関連

犬はマンゴーを食べても大丈夫?アレルギーに注意です!

2017/09/25

にほんブログ村 犬ブログへ
 

南国の果物マンゴーは、非常に水々しく甘くトロリとした食感が美味しいですよね。

マンゴーを食べているとその甘い香りから犬が欲しがる…だなんてことがよくあるかと思いますが、そもそも犬はマンゴーを食べても問題ないものなのでしょうか。

今回は犬とマンゴーの相性について調べてみました。

 



スポンサーリンク




 

犬はマンゴーを食べても大丈夫?

犬 マンゴー

結論からお伝えすると、犬はマンゴーを食べても一般的には健康上の問題はないとされています。

マンゴーはうるし科の果物で、特有の甘みや香りのある非常に水分量の多い果物です。

夏の暑い時期に食欲が低下している時なんかには、良い水分補給になります。

また南国のフルーツの多くは栄養素が高いものが多いですが、マンゴーも同様に非常に栄養に満ちています。

ここでは、犬にマンゴーをあげるうえで、気をつけないといけないこと、与えることによってどのような効能が見込めるかなどをできる限りお伝えしていきます。

 

マンゴーの栄養素と成分表

エネルギー 64kcal
水分 82g
たんぱく質 0.6g
脂質 0.1g
炭水化物 16.9g
灰分 0.4g
飽和脂肪酸 g
不飽和脂肪酸 g
食物繊維 1.3g
カロテン 610μg
ビタミンE 1.8mg
ビタミンK μg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.06mg
ナイアシン 0.7mg
ビタミンB6 0.13mg
葉酸 84μg
パントテン酸 0.22mg
ビタミンC 20mg
ナトリウム 1mg
カリウム 170mg
カルシウム 15mg
マグネシウム 12mg
リン 12mg
0.2mg

※マンゴー可食部100gあたりの成分

※五訂日本食品標準成分表より

 

βカロテンが豊富

抗酸化作用のある”βカロテン”が豊富に含まれています。

免疫力を高め、老化予防の効果に期待がもてます。

 

カリウムが豊富

マンゴーにはカリウムと言われるミネラルが多く含まれています。

夏は水分と一緒にカリウムも不足しやすいため適量与えるといいかも知れません。

 

与える際の注意点

犬 マンゴー

マンゴーをあげる際に注意したいことは、皮や種は必ず取り除いてからあげるようにしましょう。

実の部分も丸呑みしても問題ないように細かくカットしてあげる必要があります。

 

またマンゴーは与えすぎに注意が必要です。

というのも、そもそもマンゴーは非常に甘いですよね。

その甘みは糖分の多さのあらわれで、マンゴー自体犬にしてみればかなりカロリーが高い果物となります。

与えすぎるとカロリーオーバーとなってしまい肥満の原因にも繋がるため多くても15g程度にしておきましょう。(あくまで目安です。犬によっては多すぎる場合もあります)

少ないと感じるかもしれませんが、犬にとっては十分なのです。

そもそも犬の健康を維持する上で必ず食べなければならないものではありません。

たまにのご褒美程度ととらえておきましょう。

 

アレルギーに注意

マンゴー自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

特にマンゴーはアレルギーが出やすいようです。

初めてあげようとお考えの方は、最初は少しづつあげてよく観察してください。

食べすぎによってかぶれやかゆみ、下痢や嘔吐の原因にもなるので注意してください。

 

たまにのオヤツ程度に

FullSizeRender 19

マンゴーは特にアレルギーなどがない限り、少量であれば与えても問題のない果物ということがわかりました。

しかし、しつこいようですがマンゴーは非常にカロリーの高い果物です。

そして刺激が強いものなので人間と同じように気軽に食べて良いものでもありません。

人間でも植物のウルシを触ると手がかぶれると言う話を聞いたことがありませんか?

マンゴーはウルシ科の植物で、かぶれを引き起こす可能性の高い果物と言われています。

犬の場合は特に注意が必要になってきます。

 

また人間用に加工されているようなもの(ドライマンゴーなど)は極力控えた方が良いと思います。

中には砂糖がまぶしたものもあるので、そういったものは絶対にあげないように注意してください。

 

まとめ

■基本的には問題なし

■与えすぎには注意

■カロリーが多く肥満の原因になりやすい

■アレルギーを引き起こしやすい

 

 



スポンサーリンク




 

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-,