和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

ブロッコリー

食べ物関連

犬はブロッコリーを食べても大丈夫?スプラウトは??芯や量には注意。

茹でたりしてよく食べる機会の多いブロッコリーですが、旬と言われる時期は冬などの寒い時期になります。

栄養が豊富で、食べても美味しいことから非常にメジャーな野菜ブロッコリーですが、犬はブロッコリーを食べても人間同様健康に良い野菜なのでしょうか。また、健康上の問題はないものなのでしょうか。

今回は犬とブロッコリーの相性について調べてみました。

 

スポンサーリンク



犬はブロッコリーを食べても大丈夫?スプラウトは??芯や量には注意。

ブロッコリー

結論からお伝えすると、犬はブロッコリーを食べても健康上の問題はないようです。

89%が水分でできているブロッコリーですが、食物繊維を始め、ミネラル類やビタミン類などバランス良く栄養が含まれていることで知られています。

ブロッコリーは、キャベツなどと同じアブラナ科の野菜の一つで、沢山摂取してしまうとかえって良くない場合や、甲状腺に不安がある犬には良くない場合もありますが、基本的に健康状態が良い犬であれば食べても問題のない野菜と認識しておいて良さそうです。

 

ブロッコリーの栄養素

ブロッコリーは一般的に栄養価の高い、野菜の一つとして認識されているかと思います。

ここではブロッコリーを食べることによって得られる、栄養素をいくつかお伝えしていきます。

 

スルフォラファン

あまり聞きなれない言葉かと思いますが、ブロッコリーには「スルフォラファン」という、ファイトケミカルの一種が含まれています。

この成分は体内の解毒作用や抗酸化酸素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高める効果に期待が持てるんだそうです。

参考:wikipedia

 

 

ビタミンで疲労回復&ガン予防&老化防止に

ブロッコリーには、ビタミンCを始め、ビタミンE、ビタミンB6、パンテトン酸、葉酸、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などビタミン類が豊富に含まれています。

これらの栄養素は犬の健康を保つ上で必要とされる栄養素で、疲労回復&ガン予防&老化防止などに効果的とされています。

ちなみにビタミンCの含有量はレモンの約2倍と言われているので驚きです!

 

ビタミンの他にも、

・カリウム

・鉄分

・カルシウム

・マグネシウム

・亜鉛

など、ミネラル分も豊富に含まれています。

 

また、食物繊維も程よく含まれているため、便秘気味のワンちゃんにとっては、腸内の動きを良くし、腸内をお掃除してくれる働きがあるため、便秘改善に適しています。

ただし食物繊維のとりすぎはかえって良くないので気をつけて下さい。

 

ブロッコリースプラウトは大丈夫?

ブロッコリースプラウト

最近話題のスーパーフード「ブロッコリースプラウト」の事はご存知でしょうか。

ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの発芽直後の新芽の事で、最近ではスーパーなどでもよく見かけるようになったと思います。

実はこのスプラウト、ブロッコリーの本体(ブロッコリー自体)よりも、さらに強力なスルフォラファンが含まれていると言われています。

もちろんこのスルフォラファン以外にも、カルシウムやビタミン類などの栄養素も豊富に含まれているため、健康志向が高まっている現在、とても注目されているんだそうです。

そしてここが本題になりますが、犬もブロッコリースプラウトは食べても問題ないとされています。

あくまで許容量になりますが、極端に沢山与えるようなことをしなければ、基本的に問題ないようです。

 

与える際の注意点

ブロッコリーは、、芯の部分は固く、繊維質が特に多いです。

犬は人間に比べても消化する能力が低いため、繊維質が特に多く固い芯は、あまり向いてないと言えるかと思います。

なので、もし与えるのであれば、よく茹でて細かくカットしてあげるなり少しでも消化しやすいように一工夫が必要です。

 

また、アブラナ科の野菜を犬が食べ過ぎると、甲状腺の機能低下を引き起こしやすくなると言われています。

甲状腺の健康を保つ上で必要な栄養素「ヨウ素」の吸収を邪魔し、結果甲状腺に負担をかけやすくなってしまいます。

よって、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜は日常的に与えすぎるのは良くないという点を理解しておきましょう

また、元々甲状腺に問題のある子にはあまり良くないものであると認識しておいてください。

 

アレルギーに注意

ブロッコリー自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

常識の範囲内で

ブロッコリー

ブロッコリーは栄養価の高い野菜で、犬の健康を保つ上でも必要とされる成分が沢山あります。

ですが、それは常識の範囲内で与えた場合になります。

人間でもそうですが、偏った食事や、一度に沢山与えるような事をしていてはかえってよくありません。

ましてや繊維が多い野菜なので、食べ過ぎると下痢や嘔吐となるため注意してあげて下さい。

 

まとめ

・基本的に食べても問題なし

・繊維が多いため芯の扱いには注意

・ブロッコリースプラウトも大丈夫

 

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめです

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-, ,