和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

キャベツ

ドッグフード・おやつ関連 情報・ランキング関連

犬にキャベツって大丈夫!?芯は与えてもいいの??与えていい量はどれくらい??

2017/09/25

にほんブログ村 犬ブログへ
 

キャベツは比較的手軽にとる事のできる野菜になります。

人間にとってキャベツは食物繊維が多く栄養がとても豊富な野菜ですが、犬はキャベツを食べても健康上の問題はないのか。

また、食べる際は注意点はあるのか。

芯は食べても大丈夫なのか。

今回は色々と調べてみました。

 



スポンサーリンク




 

犬にキャベツって大丈夫!?与えていい量はどれくらい??

キャベツ

キャベツは犬が食べても問題はない

結論から言うと犬はキャベツを食べても健康上の問題はありません。

キャベツは非常に水分量の多い野菜で、生のキャベツは食物繊維・ビタミン・酵素などが沢山含まれています。

これらの成分を含め、適量であれば特に犬からしたら有害となる成分は含まれていないといえます。

 

ただし他の野菜もそうですが、元々犬は肉食動物なので野菜などは積極的に摂る必要性はありません。

なので、与える場合などは主として与えるのではなく、あくまでご褒美や普段のご飯にチョイ足し程度でとどめておく位が良いでしょう。

 

キャベツの成分と栄養価

エネルギー 23kcal
水分 92.7g
たんぱく質 1.3g
脂質 0.2g
炭水化物 5.2g
灰分 0.5g
飽和脂肪酸 0.02g
不飽和脂肪酸 0.03g
食物繊維 1.8g
カロテン 50μg
ビタミンE 0.1mg
ビタミンK 78μg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン 0.2mg
ビタミンB6 0.11mg
葉酸 78μg
パントテン酸 0.22mg
ビタミンC 41mg
ナトリウム 5mg
カリウム 200mg
カルシウム 43mg
マグネシウム 14mg
リン 27mg
0.3mg

※可食部100gあたりの成分

※五訂日本食品標準成分表より

 
ビタミンが豊富

キャベツはビタミンが非常に豊富です。

キャベツはビタミンCだけと思い込みですが、その他にもビタミンK・B1・B6・葉酸・パントテン酸・ビタミンB2・ビオチンなどが多く含まれています。

 

ミネラルが豊富

キャベツには非常に多くのミネラルが含まれています。

ミネラル成分が体の機能を調整したり、体を構成する組織を作る手助けをしたりしてくれると言われています。

ただし多く摂取することによる高カリウム血症のリスクを高める可能性があるので注意が必要です。

 

 

キャベツを与える際の注意点とは

注意

キャベツは多くのビタミンや酵素が含まれています。

ただし、これらの成分は熱に弱く、加熱してしまうと壊れてしまうため、栄養素を十分に活用したい場合は生で与えるのがベストと言えそうです。

 

しかし、生キャベツと言うのは消化しにくいというのも事実で、キャベツを食べた後に嘔吐または下痢をしてしまうかもしれません。

なので、消化能力が弱っている子などは極力ゆでるなどの工夫が必要と言えそうです。

 

また、食べ過や大き過ぎる状態で与えるのはかえって良くないです。

生で与える場合、加熱して与える場合もそうですが、細かくして量は多く与え過ぎないように注意しましょう。

 

まとめ

キャベツ

これらのことから犬にキャベツを与えても健康上に問題がないことが分かりました。

少量であれば非常に栄養が豊富なキャベツですが、食べ方や量を誤ってしまうと犬にとって思わぬ病気を招く恐れが出てきます。

大丈夫だからといって与え過ぎにはくれぐれも注意してあげてください。

また、当たり前ですがキャベツによる食物アレルギーがある子にはあげないようにしてくださいね。

 

ちなみに、芯の部分も量をあげすぎなければ大丈夫なので、うちの毛玉にはたまにあげています。

わく、キャベツが大好きです。笑

 



スポンサーリンク




 

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため1日ワンクリックご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

 

 

オススメ記事

-ドッグフード・おやつ関連, 情報・ランキング関連
-, ,