和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

食べ物関連

犬はしらす・ちりめんじゃこを食べても大丈夫?塩分が多いので注意!

ご飯のお供などで、日本人には馴染みのあるしらすやちりめんじゃこ。

普段何気なく食べているしらすやちりめんじゃこですが、犬が誤って食べてしまったりしたら健康上に問題があるものなのかどうか気になったことはありませんか。

今回は犬としらす&ちりめんじゃこの相性について調べてみました。

 

スポンサーリンク



犬はしらす・ちりめんじゃこを食べても大丈夫?

まず結論からお伝えすると、犬はしらすやちりめんじゃこを食べても条件にもよりますが基本的には問題ないとされています。

そもそも、しらすとちりめんじゃこの違いについてですが、どちらももの(魚)は同じイワシの稚魚です。

 

生のしらすを釜茹でしただけのものを

「釜揚げしらす」

 

釜茹で後に、乾燥させたものが

「しらす干し」

 

さらに乾燥させたものを

「ちりめんじゃこ」

と区別しているようです。

また、良く出汁などにも利用される「煮干し」もイワシが多いようです。

※参考「乾海産株式会社」様

 

話がそれましたが、しらすやちりめんじゃこ自体には少し犬が食べたからといって特に中毒になるような心配はないようです。ただし懸念される点もあり、大きくは「塩分」や「カルシウム」の問題が上げられます。

 

人間用に味付けされたものは注意

犬用のおやつなどで、「じゃこせんべい」や「じゃこさぶれ」などといったものが販売されています。

これらの商品はしらすやじゃこを材料にして作られており、しらすやちりめんじゃこの成分そのものには問題ないということがご理解頂けるかとと思います。

何が言いたいのかと言うと、成分どうのこうのではなく、その調理法が重要ということです。

 

一般的に、私達が普段口にする人間用のしらすやじゃこは、塩茹でされていたり、食べやすいように何らかの味付けがされているものが多いかと思います。

こういった調理がされたしらすやじゃこは、犬が食べた場合塩分のとりすぎになってしまい、習慣的に食べることで腎臓に負担がかかるので控えた方が良いかと思います。

また、塩分をとりすぎることによって、尿結石の原因にもなると言われています。特に尿結石になりやすい雄犬は注意が必要です。

なので、もしあげるのならば、犬用のしらすやじゃこにした方が良いです。さらに言えば、減塩や無塩のものも売られているのでこちらの方がなお良いかと思います。

 

熱湯による塩抜きもオススメ

では人間用のしらす干しなどは食べられないのかというと、そういうわけではなく、余分な塩分を流してしまえば大丈夫だったりします。

熱湯で塩抜きなどを行うことによって、余分な塩分はいくらか流れるので、その作業を行えば食べても問題なかったりします。

とはいえ、塩分過多は怖いので、量や食事とのバランスには十分注意する必要があります。

 

アレルギーに注意

しやすやじゃこ自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

メインの食事を中心に

しらすは美味しいので、私達人間はバクバク食べてしまいがちで、美味しいものだからこそ、ついつい愛犬にもあげてしまいたいと思いがちですよね。もちろん、チョコレートネギなど絶対にあげてはならないもの以外であれば、たまにおやつ感覚であげる分には問題ないのですが、そればっかりあげると問題があります。

その子その子に見合った給餌量であげれば、塩分やカルシウムの過剰という状態にはなりませんし、しらすやじゃこ自体はとても良い食材です。

うちの和來さんにも、たまにコミュニケーションという名目で、あげたりしますがそれはもう、凄い食いつきです。笑

 

まとめ

●しらすやじゃこ自体には問題なし

●市販のもの(人間用)は塩分が多いのでダメ(あげる場合は塩抜き)

●減塩や無塩のものがオススメ

 

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめです

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-, ,