和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

食べ物関連

犬は鰻(うなぎ)を食べても大丈夫?骨やタレは問題ある?

夏ごろになるとスーパーマーケットなどで、「土用の丑の日」というキャッチコピーと共に鰻が販売されていますよね。

ふっくらと柔らかく、程よい脂がのった鰻は日本では大変良く食べられます。

そこで疑問なのですが、犬は鰻を食べられるのでしょうか。

当ページでは、犬が鰻を食べた場合に考えられる影響などについてまとめてみました。

 



スポンサーリンク



犬は鰻(うなぎ)を食べても大丈夫?

結論からお伝えすると、犬は鰻を食べても基本的に健康上の問題はありません

鰻はウナギ属ウナギ科の魚類の総称で、世界中の熱帯から温帯にかけて生息しているようです。世界中の鰻を併せるとおよそ19種類の鰻が存在し、その内食用として食べられているのは4種類なんだそうです。

ちなみに、日本で食べられている鰻は主にニホンウナギという種類で、流通されているウナギの99%が養殖と言われています。

 

鰻には、滋養強壮など栄養満点なイメージですが、それは犬にも同じ事が言えて、鰻自体犬にとって中毒となるような成分は含まれておらず、適切な調理をほどこされた鰻であれば犬も食べる事ができます

 

鰻の栄養価

栄養満点とは聞いた事があるけれど、実際どんな栄養が含まれているのでしょうか。

鰻に含まれる栄養価や犬にとってプラスとなる可能性のある栄養素をいくつかピックアップしていきます。

 

皮膚や被毛を健康に保つビタミンA

鰻に含まれるビタミンAは皮膚や眼、粘膜などを正常に保つ働きがあり、それは犬にとっても必要な栄養素になります。歳をとってくると白内障などの眼の病気になりやすいのですが、この白内障などの予防効果にもなるようです。

またビタミンAは肌に良いだけでなく、抗酸化ビタミンという抗酸化作用をもったビタミンでもあるのでガンや老化予防にも効果的と言われています。

 

《ビタミンAが豊富な他の食材》

犬は人参を食べても大丈夫?生の人参や加工品は?

 

疲労回復にもってこいなビタミンB群

鰻には、豊富なビタミンB群が含まれており、特にB1とB2が多めになります。

B1とB2は、疲労回復効果や、被毛・爪・皮膚などを健康に保ってくれる効果があります。疲れが出やすい夏には是非摂りたい栄養ですね。

 

《ビタミンBが豊富な他の食材》

犬は豚肉を食べても大丈夫?

 

魚類に多く含まれるDHA・EPA

魚類に多く含まれるDHAやEPAが鰻にも豊富に含まれています。

DHAは、脳の働きを良くするために働いてくれる、脳や神経の発達に必要不可欠な成分になります。

EPAは、血管を柔らかくし、血液をサラサラにしてくれる働きがあり、他の食材では中々摂りにくい成分です。

 

《DHA・EPAを多く含む他の食材》

犬は鯖(サバ)・鯖缶を食べても大丈夫?与える場合の注意点を解説

 

鰻を犬に与える際の注意点

鰻は犬でも食べられる食材であるのは間違いないのですが、いくつか注意点もあります。

 

生の鰻は絶対に与えない

そもそも生の鰻を犬に与える・・・っといった機会はないとは思いますが、生の鰻には「イクシオトキシン」という中毒成分が含まれています。生の鰻を与えられる環境はあまり無いかと思われますが、生で食べさせる事は絶対にしないようにしてください。

ちなみに、このイクシオトキシン、加熱する事で無毒化されるため加熱してある鰻は問題なくなります。

 

蒲焼きなどのタレに注意

鰻といえば、この蒲焼きのタレが多くのお店などで美味しく食べられますよね。当然ですが、あれは人間用に味付けしたものであり、犬にとって不要な味付けであることは言うまでもありません。少量であれば問題ないかもしれませんが、犬にとっては塩分や糖分の摂りすぎになるので、そのまま与えるのはできるだけ控えてあげてください。

 

小骨などに注意

鰻は比較的小骨が多く付いています。健康的な犬や若い子であればそこまですシビアになる必要はないかもしれませんが、丸呑みしてしまいがちな子犬や小型犬、シニア犬などには注意が必要です。

与える場合は良くほぐして、目立つ骨などは取り除いて与えてあげてください。

 

与えすぎに注意

そもそも、鰻を犬に与えるといった事はあまりある事ではないかと思いますが、与える場合は与えすぎるなど量には注意しましょう。

鰻は栄養価が高い反面、脂質などが比較的多い食材になるため、肥満の原因となります。

 

アレルギーに注意

鰻自体に問題が無くても、中にはアレルギーを持つ子がいます。

度合いにもよりますが、アレルギーを起こすと、痒みや充血、嘔吐したり下痢をしたりします。

重くなってくると湿疹から皮膚が被れたり、毛が抜け落ちたりすることがあります。

 

アレルギーの子には絶対に与えるのを控えるようにして下さい。

その食材に反応しているのか、分からない場合もアレルギーのような症状が現れた場合は一旦控えるようにしたほうがいいでしょう。

 

犬用の鰻おやつも売っています!

ここまで犬と鰻の相性についてお話してきましたが、キチンとした調理や処理をしていれば犬にとっても問題のない食材であり、なおかつ栄養面でも期待のできる食材である事が分かりました。

しかし、いざ鰻を与えたくても食べさせてあげる調理が面倒だったり、人間用の鰻は少し心配な飼い主さんもいると思います。

また、鰻自体高額な食材ですし、いくら可愛い愛犬であれ、与えるだなんて勿体無い・・・って思う方も少ないくないはずかと思います。(少なくとも私はそう思います。笑)

 

鰻が原料の犬用のオヤツなど、調べてみたら結構あるようなので、どうしても犬に鰻を食べさせてあげたいと考える飼い主さんは、まずはこちらの方が安心かもしれませんね。

 

Amazonリンク

アラタ いぬせん三河一色産うなぎ入り 50g

新品価格
¥213から
(2019/7/20 01:24時点)

楽天リンク

Amazonリンク

がんこおやじのおやつ亭 国産うなぎボーン 80g

新品価格
¥864から
(2019/7/20 01:26時点)

 

まとめ

◆基本的に犬は鰻を食べても問題なし

◆与え過ぎない様に注意

◆タレや味付けは不要

 

 



スポンサーリンク




 

こちらの記事もおすすめです

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連