和黒柴な日々

柴犬毛玉爆弾 VS 振り回されっぱなしの主との奮闘ブログ

食べ物関連

犬はパンを食べても大丈夫?調理パンや菓子パンは与えない様に!

小麦粉が原材料のパンは世界中で最もポピュラーな食べ物の一つです。日頃から食べる機会が多いかと思いますが、犬はパンを食べても問題はないか気になった事はありませんか?

今回は犬とパンの相性について調べてみました。

 

スポンサーリンク



犬はパンを食べても大丈夫?

結論からお伝えすると、何も味付けされてないシンプルなパンであれば成分上は問題ありません。が、いくつか注意点もあり、「基本的には犬に人間用のパンを与えるのは望ましいとは言えない。」と念頭に置き、ご閲覧頂ければと思います。

 

パンの主な原材料は、小麦粉やライ麦粉といった穀物粉や、酵母・水・塩・砂糖・バターなどが一般的です。これらの他に、保存料などといった添加物が含まれている場合もあります。

中毒を引き起こす成分こそ含まれておりませんが、パンには味付けや風味を付ける為に砂糖や塩やバターなどをふんだんに使用されています。糖分や塩分を過剰に摂ってしまうと、犬にとっては負担となり、様々な病気などの原因となる場合があります。その為、人間用に加工されたパンを犬に与えるのは、なるべく控えるべきであるかと私は思います。

 

アレルギーを引き起こしやすい?

一般的に、犬が食物アレルギーとなりやすい食材の一つで小麦が挙げられます。小麦はドッグフードなどにも良く使用されていたりしますが、実は驚く事に、多くのドッグフードで使用される小麦が、アレルギーを引き起こしやすい食材筆頭という事になります。

他の食材だと、牛肉・乳製品鶏肉鶏卵とうもろこし・大豆などが食物アレルギーになりやすい食材として挙げられます。

 

話を戻しますが、パンは殆どが小麦を原材料としているため、食べ物としてはアレルギーを引き起こしやすい食べ物であるとも言えます。また、添加物や調味料などもアレルゲンとなることもありますので、覚えておくと良いかもしれません。

 

調理パンや菓子パンなどは与えない

一般的に何も味付けのされていないパンであれば、成分上は大丈夫なのですが、調理パンや惣菜パン、菓子パンなどは、犬に与えない様に注意して下さい。

使用されている材料の中にねぎ類チョコレートなどといった犬が絶対に食べてはならない食材が含まれている可能性があります。基本的に与えない事が一番ですが、どうしても与えたい場合などには、事前に確認しておく事を忘れないで下さい。

チョココロネやピザパンなどは分かりやすいのですが、カレーパンやサンドウィッチなどにも玉ねぎが使用されている事もあるので、要注意です。

 

犬に与えるとしてもほどほどに

パンは香ばしい香りがしますし、ほとんどの犬が興味を持ち欲しがる仕草を見せると思います。要求されるとその可愛さからついつい与えてしまおうとお考えになる方もいらっしゃるかと思います。

食塩や油分や糖分を気をつけて作られたパンであれば、絶対に与えていけない食材というわけではありませんが、それでも犬にとっては多すぎてしまう場合があり、過剰に摂取するとアレルギーなどの他にも肥満などの原因にもなりかねません。犬用のパンなどが各メーカーさんより販売されているので、パンをどうしても与えたいとお考えの方は犬用を購入されてみてはいかがでしょうか。

人間用のパンを与えるとしても、ほどほどに。たまに与えるご褒美程度にしておきましょう。

 

まとめ

◆味付けなどのされていないパンであれば大丈夫

◆調理パンや菓子パンなどは与えてはいけない

◆原材料の小麦はアレルゲンになりやすい食材の一つ

 

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめです

犬が食べてもいいもの&食べてはいけないもの種類別一覧【野菜・果物・食べ物その他】

 


 

 

〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜

和來さんの励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

是非応援して下さい▽・エ・▽

 

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 

 

オススメ記事

-食べ物関連
-,